暮らす

ベトナムでのATMの使い方について解説

日本ではキャッシュレス化が進んでいますが、
ベトナムでは現金を使う機会が多いです。

ハノイ、ホーチミン、ダナンなどの
レストラン、カフェ、ホテルなどはクレジットカードが使えますが、
小さなお土産物屋や売店では現金のみのご利用になります。

そのため、旅行者も在住者もある一定額の現金の所持が必要です。
ハノイやホーチミンを含めたベトナムでのATMの使い方を紹介します。

ATMの使い方

今回は「TECHCOM BANK」のATMを使用しています。
ATMによって、画面などが異なりますが、
基本的な流れはどのATMも同じです。

CITY BANKのATMは日本語表示も可能です。

カードを挿入してください。
日本と違い吸い込まれませんので、少し押してください。

言語選択の画面です
画面の横にあるボタンで選択します。

「Please Enter Your Pin」は暗証番号の入力です。
日本と同じ番号を入力してください。
入力箇所は6桁表示されていますが、
4桁の入力で大丈夫です。

番号を入力する前に
覗き込まれていないか
周りを確認しましょう。

銀行によっては、
この段階で、「Saving」か「Credit」を選択します、
「Saving」は銀行口座から、「Credit」はクレジットカードでキャッシングです。
ほとんどの旅行者は「Credit」になると思います。

メニュー画面ですので
「withdrawal」や「Cash withdrawal」を選択しまう。
「現金引き出し」という意味です。

金額を選びます。
この金額以上におろしたい場合には「Other Amount」を選択します。
上限は銀行によって違いますが、
10,000,000VNDの銀行が多いです。

レシートが必要か否か選択します。

15秒ぐらい待ちます。
取引ができている場合には、
機械内でお金を準備している音が聞こえます。

先にカードをとります。

お金が出てきますので、
金額を確認しましょう

ベトナムでATMを使うときの注意点

安全な場所のATMを利用

安全な場所は
銀行、ショッピングモール、空港、銀行のATMです。

安全ではない場所は
道端に設置されているATMです。

日本と異なり、ATMの台数は限られており、
コンビニなどにはATMはないです。

危ない理由は二つあります。
人通りが少ない場所だと、現金をおろした後に強盗に狙われる可能性があります。
もう一つはベトナム人の使用頻度が少ない道端のATMは
ATM内のお金が不足していたり、スキミングさせる可能性が高いです。

カードの抜き忘れを注意する

海外でカードを抜き忘れる例は意外と多く聞きます。

理由は
-お金とカードが出てくる順番が違い、戸惑っていた
-引き出したお金を数えていたら、カードを抜き忘れた

30秒ほど抜かないと吸い込まれてしまいますので、
注意が必要です。

あわせて読みたい
ベトナムで銀行口座を開設する方法【Techcom bank】ベトナム在住する人にとっては 給与振込、デビッドカードの支払いなどのため 銀行口座は必須アイテムになります。 キャッシュカード...

ATMの種類によって、
少し画面や手順が異なります。

安全に正確にお金が引き出せるように
準備してからATMに向かいましょう

関連記事