基礎情報

ベトナムの首都はハノイ!最大都市はホーチミン!二つの違いを解説

ホーチミンをベトナムの首都と思っている人が多くいます。
実際は北部のハノイが首都で、南部のホーチミンはベトナム最大の都市になります。

ホーチミンを首都と勘違いする理由は
ベトナム旅行の計画を立てていると
ハノイよりホーチミンの情報の方が多いです。
海外出張や転勤でもホーチミンに行く方が多くなります。
ハノイよりホーチミンの方が自然と接する機会も多くなります。

日本からベトナムを訪れる際も
ホーチミンの方が便数が多いです。

このような理由から
ハノイとホーチミンのどっちが首都か曖昧になるケースがあります。

ハノイとホーチミンの違い

日本人はよく
「ハノイは東京で、ホーチミンは大阪」
中国人は
「ハノイは北京で、ホーチミンは上海」
と自国を例にする方が多いです。

この例の基本的な考えに
ハノイは首都だが政治的影響力も強く、保守的
ホーチミンが最先端でオープンな雰囲気で、商業的

人口は
ハノイが人口700万人、ホーチミンが人口800万人です。
人口数や経済規模では
ハノイよりホーチミンの方が大きいです。

距離にすると
ハノイとホーチミンは1600kmで飛行機で約二時間です。
1600kmは大阪ー沖縄と同じ距離です。
そのため、文化や気候も違います。
ハノイは四季があり、冬は10度ぐらいまで冷え込みます。
ホーチミンは東南アジアの南国のイメージのように常夏です。

性格や人種も違い
ハノイは中国の影響もあり真面目でおとなしく、顔の作りも東アジアに近いです。
ホーチミンは東南アジアのように明るくオープンで、顔の作りは東南アジアに近いです。

首都はハノイ!最大都市はホーチミン!

ベトナムの長い歴史の中で、
首都が中部のフエに移ったこともありました。

数回の戦争を政治拠点や中心地が変わる中で、
ベトナムの首都はハノイになりました。

多くの国では経済規模が一番大きい街=首都です。
しかし、該当しない国もあり、
アメリカの首都はニューヨークでなく、ワシントンDCです。

ハノイは社会主義国家の首都として、
今も保守的で規制が厳しく、
街中に考案や警察も見かけます。
外資規制の取り締まりも厳しく、
世界的飲食チェーン店のマクドナルドや他の小売業も初出店はホーチミンからスタートします。

首都はハノイ!最大都市はホーチミン
政治の中心はハノイ!経済の中心はホーチミン

これがそれぞれの街の現在の立ち位置にです。

関連記事