旅行者向け記事

ベトナム ホーチミンで季節別の服装と注意点

ベトナムは南北に長く北部のハノイと南部のホーチミンでは
飛行機で二時間ほどの距離です。

そのため、同じベトナムでも天候や気候が違うため、
旅行時の服装も異なってきます。

本記事ではホーチミンで生活や旅行する時の
適切な服装や注意点を紹介します。

ホーチミンの天候

ホーチミンはハノイと比較しても暑い気候で、
「熱帯モンスーン気候」に属します。

春夏秋冬の四季はなく、乾期と雨季の二つに分かれています。

4月から5月は年間でもっとも暑い時期になり、夜も暑い日々が続きます。
6月から10月は雨季で日中は暑く、
夕方にはスコールが降ります。スコール後は蒸し暑くなります。
11月から3月が乾季でカンカン照りではなく、
朝晩も涼しくなるので、過ごしやすい日々が続きます。

ホーチミンでの服装の注意点

高級レストラン、ナイトクラブでは短パンやサンダルが不可のところもありますので、
そのような場所を訪れる場合は服装には注意しましょう。
ホテルや外国人が集まるようなところなら、
長ズボンで靴を履いた方がいいです。
ベトナムでは女性はミニスカートが一般的ではないため、
長めのスカートの方がいいです。

東南アジア特有の冷房対策も必要です。
カフェ、レストラン、ショッピングセンター、タクシーといった商業施設やオフィスでは、
どこも冷房がガンガン効いています。
冷房が効いていることをアピールしている店もあるぐらいです。
常夏といえ、スコール後で濡れた服でやっと雨宿りでたどり着いた店が
冷房が強くて、身震いすることも多々あります。

冷房対策はカーディガンや薄手の羽織があると便利です。
これらの羽織ものは日焼け防止にも役に立ちます。

ベトナム人女性では美白が流行っていますので、
紫外線対策を完璧にしています。
ベトナムの紫外線量は日本の2倍とも言われていますので、
日本と同じ対策では予想以上に日焼けしてしまいます。
「帽子」、「サングラス」、「UVカットクリーム」などは必須です。
タオルも一枚あると便利です。

ホーチミンは常夏のイメージがありますが、
時期によって大きく異なりますので、
事前の準備をしっかりしましょう

関連記事