生活基礎情報

ベトナム・ハノイの服装を季節ごとに紹介

ベトナムは東南アジアのため
ハノイも常夏で常に半袖で過ごせると思っている人も多いです。
ベトナムでもホーチミンは常夏なので常に半袖で過ごせます。
しかし、ハノイは四季があります。

ハノイとホーチミンは天候や季節も全く異なります。
ベトナムは南北に長くハノイとホーチミンの距離は1,600kmあり、
飛行機で二時間で大阪と沖縄の距離です。

今記事ではハノイの季節とその時期に適した服装について紹介します。
「ベトナム ハノイの気温・気候・天気のまとめ」も合わせてお読みください

ベトナム・ハノイの季節

ハノイの気候は乾季と雨季に分けることができます。
乾季は11月~4月、雨季は5月~10月

その乾季雨季の中でも気温に差があり、
ハノイは日本と同様に四季があります。
春と秋は非常に短く、一年の大半が夏です。
「温暖冬季少雨気候」の影響で、夏は高温多湿、冬は温暖で乾燥した天気です。

観光のベストシーズンは10−11月です。
暑さも収まり、雨も少ないので街歩きに適しています。。
ローシーズンは6-8月で昼間は猛暑で、夕方はスコールの日々が続きます。
冠水することもあるので移動が大変です。

春の服装(4月)

日中の最高気温は約20度です。
朝晩は10度以下に下がることもあります。

日本の4月と同じぐらいの気温や過ごしやすさです。
朝晩の気温の変化に気をつけましょう

コートやセーターなども必要ですが、
日中は暖かくなることも多いです。

夏の服装(5月〜10月)

日中は約35度ぐらいです。
夜も暑く冷房なしでは寝苦しくなります。

昼間は日差しが強く、カンカン照りの日も多いです。
一日中、半袖や短パンで過ごすことができます。
日差しが強いので日傘が必要になります。
しかし、日本と同じように日傘をさしていると目立ってしまって、
スリの標的になることもあります。
ベトナムの伝統麦わら帽子のノンラーがお勧めです。

スコールの時は道が冠水することもあります。
熱中症や日焼けや建物内の冷房対策として
「帽子」や「サングラス」や「長袖の薄手の羽織物」や「UVカットクリーム」など
準備するといいと思います。

秋の服装(11月)

秋は一瞬にして過ぎ去ります。
日中でも25度はあり、半袖でも大丈夫です。
朝晩は少し肌寒くなり、羽織が必要になります。

ベトナム人は10月頃から一気にコートを着始めますが、
日本人からすると厚着に感じます。
急に寒くなったり、夏日に戻ったりと気温の変化が激しい時期ですので、
その日の気温に合わせた服装を意識しましょう。

冬の服装(12月〜3月)

ハノイには冬が訪れます。

日本のようにマイナスになることはありませんが、
湿気が多いので気温よりも寒く感じます。

年にとって暖冬の時などもあり、変化が激しいです。
例年昼間は約20度、朝晩は約15度
10度以下になる日も稀にあります。

服装は日本の11月頃の服装をイメージしてください。
完全防寒まではいきませんが、
セーター、コートやアウターが必要です。

ハノイ周辺の観光地のサパに訪れる場合は
サパはハノイより標高が高いため
寒いので防寒具が必要になります。

あわせて読みたい
ベトナム ハノイの気温・気候・天気のまとめこれから旅行や住み始める方に ハノイの年間の気温、気候、天気などは気になると思います。 ベトナムは東南アジアのため、 常夏のイ...

快適に旅行ができるように
事前に服装の準備をしてハノイに向かいましょう。

関連記事