基礎情報

ベトナムの植民地時代の歴史と年表

ベトナムは中国の領土になったり、
フランスの植民地になったり、
日本に占領されたり、
ベトナム戦争が起こったりと
長い歴史を辿ってきました。

ベトナムを北部・中部・南部に区切りそれぞれの時代について
年表と要点をまとめました。

北部 中部 南部 西暦 内容 備考
阮朝・清(宗主国) 1802 ベトナム王朝が統制(中部のフエが都) ベトナムにも阮朝(グエンチョウ)という王朝が存在。都城は中部のフエにあり、世界遺産登録されています。
阮朝・清(宗主国) フランス
vs
阮朝
1858 コーチシナ戦争。
仏西連合軍がダナンに侵攻。南部から侵略を開始。本拠地をサイゴン(現ホーチミン)とした。
この頃から西洋文化が入り始め、食や建築などにその影響を強く残す。有名なフランスパン(ベトナム語:バインミー)など。
フランスvs
阮朝・清(宗主国)
阮朝・清(宗主国) フランス 1873 ①フランス軍がハノイを占拠②黒旗軍が反撃し、フランス軍を撃退。③1882年にフランス軍がまた占拠④1883年清仏戦争で清がまたまた奪取…。 ハノイは清とフランスによって何度も占拠が繰り返されてた戦場の土地です。紅河があり、流通経路としての重要拠点でした。
阮朝・清(宗主国) フランス
vs
阮朝
フランス 1883 負けたフランスはフエ(中部)に攻め込む(トンキン戦争)。同時に内部の乱れにより王朝が衰退して行く。
癸未条約(第一次フエ条約、アルマン条約)が締結され、阮朝はフランスの保護国に。フエの管理は王朝。
ここからフランスは本格的にベトナム占領を開始します。
阮朝・清(宗主国) フランス 1884 1884年6月6日には甲申条約(第二次フエ条約、パルノートル条約)が締結され、阮朝はフランスの支配下に。
フランスが半分くらい支配達成。
フランス 1884 ベトナム(フランス保護領トンキン、フランス保護領アンナン)を保護国化
フランスがほとんど支配達成。
フランス完全支配 1885 フランスが清仏戦争に勝利し、1885年6月に天津条約を締結。
清が阮朝に対する宗主権を喪失したため、フランスが完全支配達成
フランスの完全支配は約60年間続きました。(ただし、王朝派による反乱はたびたび発生しましたが、全て鎮圧)
フランス 1939 第二次世界大戦
フランス・日本 1940 1940年6月22日にフランスが降伏。日本軍がフランス領インドシナに進駐(仏印進駐)。 フランスの植民地支配の解放軍と称して、日本がベトナムに進駐。
1944 ベトナム北部を中心に大飢饉が発生。数十万〜数百万の人が亡くなる。 飢饉に対して有効な対策を取らなかったフランス政府と日本軍の統制にベトナムの人は期待を失っていった。
日本 1945 日本はフランスにクーデターを成功させるが、世界大戦の中で8月14日に日本が降伏を予告。ベトナム民族解放委員会が設立され、ホーチ・ミンを主席に選出。 ベトナムの父、ホーチミンがここで登場します。
戦後の統治混乱 1945 ベトナム八月革命が勃発し、ベトナム帝国皇帝バオ・ダイは8月30日に退位を宣言し、王朝はなくなった。9月2日には、ホー・チ・ミンが臨時政府を代表してベトナム独立宣言を厳かに読み上げ、国民と世界に向けてベトナム民主共和国の誕生を宣言。 この独立宣言は、現在のホーチミン廟にある、あの広場で読まれたのです。
ベトナムの王朝はこの時ついに途絶えました。
ベトナム民主共和国
vs
フランス
1945 1945年9月2日、日本の降伏によって第二次世界大戦は終わり、ホーチミンはベトナム民主共和国を樹立して独立を宣言したが、ベトナムは冷戦に巻き込まれる。中英に続いてフランスが進駐し傀儡政権を樹立、再度ベトナムを植民地化し、これに対する第一次インドシナ戦争が始まった。 独立宣言は読まれたものの、フランスはベトナムを再び植民地化しようしました。
ベトナム民主共和国(中国・ソ連) 南北完全分断 フランス

アメリカ
1954 フランスは次第に追いつめられ、ディエンビエンフーの戦いに破れてジュネーヴ協定の調印で決着。北緯17度線を境に両軍の兵力分離を図り全国統一選挙を実施することになったが、フランスの後を継いだアメリカがジュネーブ協定には参加せず傀儡政権維持を図ったことでベトナムは完全に南北に分断された。 社会主義国と資本主義国の対立の象徴として、全世界から注目され、ベトナム戦争の原因となっていきます。
ベトナム民主共和国(中国・ソ連) ベトナム民主共和国(中国・ソ連)
vs
ベトナム共和国(アメリカ)
ベトナム共和国(アメリカ) 1965 1965年2月7日、アメリカ軍による北爆によってベトナム戦争が始まった。 現在の若い人達の両親世代(50歳代〜)は、この戦争に巻き込まれた中心世代です。
ベトナム民主共和国 1975 ベトナム戦争の終わりは、1975年4月30日のサイゴン陥落によって、親米政権が倒された時であった。 ベトナム統一により、1975年5月1日にサイゴンからホーチミンへ改名。勝利国の名前に改名されたため、南部の中にはその名を嫌い、今でもサイゴンと呼ぶ人が多い。
1976 ベトナムの現代は、1976年7月2日に、ベトナム社会主義共和国が成立して、統一ベトナムが実現した事に始まる。

 

 

関連記事