旅行者向け記事

ベトナムのダラットの観光・ホテル・天気など全情報のまとめ!

ベトナムのダラットは
近年、避暑地として日本人からも人気がでてきています。

本記事ではホイアンの概要・ホテル・買い物・天気などの全ての情報を紹介します。

ベトナムのダラットの概要

ダラットはベトナム中南部に位置するラムドン省の省都で、
標高1,500mにある観光都市す。
ホーチミンから約300キロ離れています。

「華の都」やインドシナの「夏の首都」と称されリゾート地避暑地として発展しました。

フランス軍が開拓したとあって、
西洋の雰囲気は建物や食べ物は日々の生活にも浸透しています。
ベトナム国内では冷涼な気候を利用した野菜生産も有名です。

ダラットの歴史

ダラットはフランス統治下時代にフランス人の高級貴族および軍人たちの手によって避暑地として開発されました。
そのため今も多くのフランス人が訪れており、
徐々に他の国の観光客も増えてきて、日本人も訪れるようになりました。

フランスの名残は現在でも色濃く残り、
西洋のヴィラ風の建物やカフェを至る所で見れます。

ダラットへのアクセス

ホーチミンからラットのリエンケオン国際空港までは約1時間のフライトとなります。
ベトナム航空とメコン航空の便が出ており、毎日3便出ています。

『スカイスキャナー』で安いチケットを探すことができます。

バスの場合はホーチミンのミエンドン・バスターミナルから発車し、
寝台バスで所要時間は6時間から8時間の移動となります。
ホーチミンに旅行代理店がありますので、そちらで予約できます。

ダラットの天気・気候

ダラットは標高の高い高原地帯で雨季と乾季の2つのシーズンに分かれています。
雨期は5月から10月まで、乾季は11月から4月まで続きます。
年間を通しても平均気温は18度から23度と低いです。

ダラットのベストシーズンは乾季です。
雨季は夕方に毎日のように雨が降りますが、
乾季は天候がよく気温も最適です。

1月~4月は多くの花が見頃を迎えます。
1月上旬は桜梅、3月・4月は紫色の鳳凰花が咲きます。

ダラットの観光・ツアー

ダラットは高原地帯に属していることから、起伏が激しく坂道が多いです。
近い距離であっても徒歩ではかなりの体力が必要になることもありますので、
バイクを乗ることができる場合は、バイクのレンタルも可能です。

スアンフーン湖

スアンフーン湖ではウォーキングやスポーツにも適した場所で
スワンボートを漕いで楽しんだり、湖畔の遊歩道を散歩したり、デートスポットとして、
湖のほとりでゆっくりとした時間を過ごすことができます。
湖畔に建つカフェは外国人観光客にも人気で、シカ肉やイノシシ肉、アーティチョークティーといったダラットの名物料理を堪能することもできます。

ダラット駅

20世紀初頭に建設されたダラット駅は、ベトナム最古の駅です。
昭和を感じさせる蒸気機関車や車輪の動く音と警笛の音は歴史を感じます。
現在はダラット駅から8㎞離れた郊外にある都市のチャイマット村行きのみ運行しています

クレイジーハウス

クレイジーハウスはロシア人が建てたホテルです。
現在は観光スポットとなっていますが、外観と内装は特徴的です。
中はまるで迷宮のように入り組んでおり、客室はまるでびっくり箱のようで
あちこちに仕掛けがあります。

お土産コーナーやカフェも併設し、宿泊施設というよりアトラクションとしても十分楽しめます。

ダラット市場

ダラット市場は中心部にあり名実ともにダラット最大規模の市場です。

毎晩ダラット市場周辺で開催されるナイトマーケットは19時頃から23時頃まで続きます。
何百という夜店が出ますので、夕食もここで食べ歩くのもおすすめです。

ランビアン山

ランとビアンの恋物語伝説の発祥の山としてベトナム人に愛され続けているのがランビアン山です。

ランビアン山は標高2169mとダラットで一番高い山です。ダラット市内から郊外へおよそ15km、車で20分程度かかります。

この周辺には少数民族のコホ族が住んでいるため、
麓でコホ族の作る民芸品を購入することもできます。

ダラットのホテル

ダラットには20世紀初め建設されたクラシカルな老舗高級ホテルやヴィラなどが宿泊先になります。
ビーチリゾートのような有名リゾートホテルはございません。

Agodaエクスペディアでいいホテルを見つけましょう

関連記事