遊ぶ

ベトナムでのハロウィンの楽しみ方・過ごし方

日本ではすっかりおなじみとなった
毎年10月31日に行われるハロウィン

ベトナムでのハロウィンの事情や過ごし方を紹介します。

ハロウィンとは
秋の収穫祭が起源です。
海外では仮装しながら子供達が箱を持って近所の家を訪れながら、
「トリック・オア・トリート!」を合言葉にお菓子をもらいます。
日本では独自の文化が作られ、仮装してパーティーや街へ繰り出します。

ベトナムのハロウィン事情

ベトナムでは日本のように
ハロウィンは一大イベントではなくマイナーなイベントです。
年配の方には「ハロウィン」と言う言葉を知らない人も多数います。

しかし近年、インターネットやSNSの発達で海外の文化が
ものすごいスピードでベトナムにも入ってきています。
そのため、一部の学生や若者には人気のイベントになりつつあります。

10月上旬ぐらいからカフェやアパレルショップで
ハロウィンのデコレーションが始まります。
店員が仮装して客にサービスをし、
レストランやカフェでは限定メニューを開始する店もあります。
高島屋やロッテなどの外資系レストランでは、
関連商品の販売が開始されます。

当日は一部のバーやレストランでパーティーが行われます。
特に外国人が多いエリアでは深夜遅くまで異様な盛り上がりを見せます。

ホーチミンのハロウィン当日の様子をまとめた動画です。


非常に盛り上がっています。

ハロウィンの楽しみ方

日本ではハロウィン=仮装ですが
ベトナムの場合は顔や体にペイントをする方がメジャーです。

ペイントは特殊インクのため、
水で洗えばすぐに落とすことができます。
デザインも選ぶ子どができ、50,000VNDほどでできます。

ペイントはワンサイズペイントから全身の本格的なペイントまで
幅広く行うことができます。

日本でも10年前は全く盛り上がっていなかったハロウィンが
今は一大イベントであるように、
ベトナムでも年々規模が大きく話題になるようになってます。
今後、日本のように一大イベントになる日も近いでしょう