生活基礎情報

海外在住者が動画配信サービスの「Hulu」に申し込む理由と接続の仕方

海外からでは基本的には日本の地上波の番組を見ることができません。
そのため、インターネット動画で日本の番組を見たい方も多いと思います。

「Hulu(フールー)は海外からでも見れるの?
海外生活は娯楽が少ないから、時間が余っている、
Hulu(フールー)どんなサービスなの?」
と思っている方に向けて、
本記事では【Hulu】のサービス内容や
メリットデメリット、
VPNのつなぎ方、
申し込みの仕方を紹介します。

要点まとめ

Huluは月額933円(税抜)で動画が見放題
日本テレビのドラマ・アニメ・バラエティや海外ドラマが豊富
2週間の無料お試し期間あり

Hulu(フールー)とは?

『Hulu(フールー)』は「HJホールディングス」の運営する動画配信サービスです。
サービスはアメリカ生まれですが、
日本での事業権を日本テレビが買い取りました。
そのため、日本テレビと番組と連動しており、
日テレ系のアニメ、ドラマ、バラエティなどを見ることができます。

加えて、海外ドラマなども充実しており、
リアルタイムでの配信もあります。
会員数150万人以上で
日本では一番有名で毎月会員数が増えている
注目の動画配信サービスです。
【Hulu】の配信作品数は5万本以上で他のサービスと比較しても多いです。

Huluのメリット・デメリット

Huluのメリット

要点まとめ

配信作品すべてが見放題
リアルタイム配信がある
日本テレビのドラマ・アニメ・バラエティが豊富

Huluの配信作品はすべて見放題になっています。
他の動画配信サービスでは有料と見放題が混じっていることも多いですが、
Huluは見本題のためサイトが使いやすいですし、
追加料金の心配もなく安心してご利用できます。

他の動画配信サービスにないHuluの特徴として、
リアルタイム配信があり、テレビと同じ時刻で視聴することができます。

日本テレビのドラマ・アニメ・バラエティが豊富です。
日テレと提携していることもあり、日テレ系列の番組が豊富で
Huluのみの特別番組もご用意しています。
国内アニメだと「ポケットモンスター」「NARUTO」「名探偵コナン」「進撃の巨人」
海外ドラマだと「プリズン・ブレイク」「ウォーキングデッド」
その他にも「FOXチャンネル」「ナショナルジオグラフィックチャンネル」「BCCワールドニュース」
子供から大人まで視聴できる番組構成になっています。

720pのHD画質のため高画質
パソコン、スマートフォン、PlayStation Vita、ニンテンドー3DSなどから視聴ができますので、
場所を選ばずに好きなタイミングで視聴できます。

Huluのデメリット

要点まとめ

新作が少ない
吹き替え版がない事がある
25本までしか動画をダウンロードできない
複数端末で同時に視聴することができない

見放題がメリットである一方、
他社動画配信サービスのように、有料レンタル作品がありません。
つまり、新作映画などが少ないです。

Huluでは月間のダウンロードできる動画の数の上限が、1アカウントにつき25本までです。
また作品によってはダウンロードできないものもあります。

海外で見る方法

インターネット動画の場合は
海外から見ることができないサービスもあります。

実はHuluも通常の接続では見ることができませんが、
VPNを使うことで海外にいても接続することができます。

海外では
日本語が恋しくなる、
日本語の情報のインプットがしにくい
など在住者特有の悩みも
Huluに申し込むことで解決できます。

VPNのつなぎ方は「海外でのVPNのつなぎ方」をご参照ください。
VPNがない場合は、Huluに申し込んでも視聴できませんので、
ご注意ください。

申し込み

Huluは支払い方法もたくさんあります。

クレジットカード
PayPal
ドコモケータイ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
iTunes Store

今後もいろんな支払い方法が追加されていくと思います。

料金

Huluの登録したその日から2週間は
無料トライアル期間です。

つまり、2週間試してみて
見たい番組がない場合やサービスに不満がある場合は、
無条件で解約できます。

料金は月額933円なので、動画見放題と考えるとお得です。
追加課金や、超過課金は一切なしです。
レンタルショップで月3−4本借りるのと同じ金額です。



お申し込みは【Hulu】のページからできます。

 

関連記事