未分類

会費婚のメリットデメリットとは?口コミや評判を紹介!アールキューブ

海外挙式、派手婚、地味婚など時代に合わせて流行りの結婚式のスタイルがあります。
またお二人のご意向、予算、時期など結婚式はカップルそれぞれです。

最近、人気があるのが会費婚です。
会費婚は「会費制結婚式」というスタイルで自己負担をできるだけ少なくし結婚式が挙げられます。

会費婚とは

株式会社アールキューブが打ち出した新しい結婚スタイルが「会費婚」です。
その言葉が一般に普及して、結婚式業界で「会費婚」が定番化しました。

株式会社アールキューブは式場探しから当日の挙式までを
一緒に結婚式を作り上げていくプロデュースをしている会社です


会費制結婚式(会費婚)とご祝儀制結婚式の違い

会費制結婚式(会費婚)

会費婚の場合は新郎新婦が支払う金額が事前に決まっています。

料金がスタンダードとプレミアムプランがあり、その金額のみ支払いです。
新郎新婦は貯金がなくとも結婚式が挙げられます。

残りの金額はゲストからの会費によって賄われます
ゲストの会費にあわせて、結婚式の内容やお料理や装飾等を調整することができます。

従来の結婚式に比べると費用は抑えられますが、
その反面引出物や引菓子が含まれていなかったり、
お色直しや親族集合写真などのサービスは全て追加料金です。

ご祝儀制結婚式

ご祝儀制結婚式は新郎新婦の予算に合わせて結婚式のプランを組みます。

ドレスや装飾、お料理、引き出物等、それぞれを予算内で納まる様に調節します。
ご祝儀制結婚式では、事前に費用を支払わなければなりません。

相場は200~300万円で、結婚式当日に頂く事になるご祝儀は支払いへは反映されません。
そのためご祝儀の額はある程度予測しなければなりません。
ご祝儀があるため、そのお返しとして引き出物の準備も必要です。

会費婚をおすすめしたい方

会費婚は費用面の負担が少ないことや、
準備期間が短いことから様々な方へオススメができます。

  • 入籍はしたけど、時間予算などで迷っているカップル
  • 入籍はすでにしているけど、結婚式をする予定がなかったカップル
  • 海外・リゾート・地方で挙式を挙げた後、都内での結婚式を検討しているカップル
  • 海外在住で、日本でも友人のみの帰国後パーティーをやりたいと考えているカップル
  • 子供も大きくなり、改めて結婚式を検討されているカップル
  • おめでた婚、おいそぎ婚をお考えのカップル
  • ご家族、ご友人へサプライズで結婚式を企画したい方
  • お披露目パーティを検討しているカップル
  • これまでの伝統的な披露宴にはこだわらず、カジュアルな1.5次会をしたいカップル

会費婚の評判・口コミ

入籍をしていたので結婚式や披露宴は考えていませんでした。
でも、思い出を残しておきたいなって思うようになり会費婚を知り、
こんな披露宴なら知り合いも気兼ねなく来てくれるだろうとお願いすることにしました。
終始和やかな披露宴を行うことができ、一生の思い出になりました。
私たちは授かり婚なので、結婚式や披露宴は諦めていました。
半信半疑でしたが、本当にこの金額でできたのでビックリです。
衣装は友達に借りましたが、持ち込み料もないのでよかったです。
このまま育児に追われていたら、きっと実現しなかったと思います。
思い出に残る結婚披露宴ができて、夢のようでした
結婚式をするなら海外と決めていたので親族のみで海外挙式を行いました。
ただ、お世話になった方々へきちんと報告をしたいと思い、
カジュアルなスタイルにしたいと思い会費婚を選びました。
必要なものがすべてパッケージに入っていてわかりやすかったです。
また、時間もお金もあまりかけられなかったので、パッケージになっていることでスムーズに準備ができました。
当日は、「自分たちらしい」結婚披露パーティーを行うことができとても満足です。

会費婚の自社アンケートでは、
挙式披露宴を開催した新郎新婦の約95%以上が高評価をしており、
お客様満足度が高いのも大きな特徴です。



会費婚のメリットデメリット

会費婚のメリット

価格が安い

ご祝儀制の結婚式は200-300万円が相場ですが、
会費婚は5万円、ドレス付きだと25万円の自己負担で結婚式を挙げることが出来ます。

自己負担額や挙式前の事前支払いが少ないです。
支払いは当日会費を回収した後の支払いで可能ですので、
お金の心配をする必要がありません。

ゲスト負担が少ない

会費婚の会費の相場は1.5万円~2万円ですので、
ご祝儀結婚式と比べると1万円以上の差額が出ます。

会費婚は招待される友人や上司や親戚と立場は関係なく、
ゲスト全員が一律同じ金額のため、
ご祝儀のようにいくら包んで良いのかも悩むこともありません。

準備期間が短い

会費婚はご祝儀制の結婚式よりも準備期間が短くてもしっかりと準備することが可能です。
平均3~4回の打ち合わせのみで当日までのご準備が可能です。
準備時間を取れない・お急ぎ婚・授かり婚などのでも安心して進めることができます。

多くのゲストを招待することができる

会費婚は
ゲストの人数に合わせて会場やパーティー形式を好みにカスタムできるので、
大勢の人を招待することが可能です。
会場をゲストハウスや大型のレストランにし、
食事形式を立食スタイルにすれば、数百名のゲストを招待することも可能です。

会費婚のデメリット

プレミアムプランですと、
ウェディングドレスとタキシードは1着ずつ付いていますが、
お色直しをしたい場合はドレス代が別で必要となります。
2着目以降の衣装の料金というのは他の結婚式場でも同じだけ料金がかかります。

会費婚ですと、ゲストは会費制となっていまして、引き出物もありません。
年代によっては会費婚を受け入れてもらえないケースがあります。
結婚式というのは家族同士のつながりを深めるきっかけにもなりますので、
そういった親族がいる場合はきちんと話し合いましょう。

会費婚の費用

会費婚には2つのプランがあります。
自己負担額5万円のスタンダードプランと、
自己負担額25万円のプレミアムプランです。

この金額+ゲストの会費のみで、結婚式を行うことが可能となっています。
プラン内に、お食事や衣装、写真撮影など、通常の結婚式で必要とされるものがほとんど入っています。

オプションをつけることも可能ですが、
このプラン内で十分立派な結婚式が挙げれられます。

スタンダードプラン
  • お料理
  • お飲物
  • ウェディングケーキ
  • 新郎新婦控室
  • 専属プランナー
  • カメラマン
  • 音響オペレーション
  • 司会者
  • 介添え
  • ヘアメイク
  • 装花・ブーケ・ブートニア
  • 芳名帳
  • 案内人前式
  • 結婚証明書
  • ウェルカムボード
  • 招待状・席次表・席札
プレミアムプラン
  • スタンダードプランの中身
  • ウェディングドレス
  • タキシード

ウェディングドレスとタキシードが付いています。

利用の流れ

1.会費婚ラウンジの予約をして足を運ぶ
会費婚に興味を持ったら、まずは会費婚ラウンジの予約をして足を運んでみましょう。
ブライダル業界に長年携わってきたスタッフさんが親身に相談に乗ってくれるので、結婚式に関する情報はゼロでも問題ありません。
ラウンジに足を運ぶと、ウェブサイトでは紹介していない会場を紹介してもらえるので、より理想に近い結婚式場が見つかります。

こちらから「資料請求」「ご来店予約」ができます。

2.プランの決定
気に入った会場が見つかったら、会費の金額設定やゲストの人数、予算などを踏まえてプランを決定します。
プランは大きく分けて、スタンダード(自己負担額5万円)・プレミアム(自己負担額25万円)の2種類になります。
オプションなどを追加することもできますが、プラン内でも十分満足できる内容になっているので基本的に追加費用はかかりません。

3.結婚式までの準備
結婚式までの準備期間には、ドレス試着やブーケ・進行などの打ち合わせがあります。
打ち合わせは3回を目安に進めていきますが、新郎新婦の希望に合わせて回数を増やすことも可能です

4.結婚式当日
結婚式当日は会場スタッフやプランナーをはじめ、司会者や音響、カメラマンや介添えなど、経験豊富なスタッフが全力でサポートしてくれます。。
申し込み金として事前に支払いをした自己負担額以外は、当日精算に対応しているので、会費を回収した後支払いを済ませましょう。

Webから「資料請求」「ご来店予約」が可能です。
公式ページはこちらです。