交通

ベトナムにLCCで格安に訪れる方法とLCC会社の紹介

日本からベトナムを訪れる人は毎年10%増加しており、
観光やビジネスの視点でベトナムはとても人気です。

それに伴い、航空会社や路線が拡大しており便利になっています。
LCCの路線が拡大しており、さらに注目を集めていますので、
本記事ではベトナムと日本間のLCCについて紹介します。

LCCとは

LCCとはローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、
効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指します。

効率的な運営とは最低限のキャビンアテンダントのみにし、
ドリンクや機内食なしなどのサービスにしたり、
遅延などの保証をなしにしたりし、
これらのサービスが必要な場合は有料制にしています。

ベトナム-日本を運行するLCC

ベトナムと日本を結ぶLCCはVetjet(ベトジェット)Jetstar(ジェットスター)です。
LCCでない場合は直行便だと日系航空会社のANAやJALとベトナム航空です。
その他には香港や韓国経由の便も多く販売されています。

VetjetとJetstarはまだ路線や便数が限られていますが、
今後増加することが予測できます。

Vetjet(ベトジェット)

アジアで有名なLCCのAir Asiaのベトナムでの合弁会社として設立された会社です。

キャビンアテンダントの水着姿や、
日本とベトナム間の100円プロモーションでよく話題になります。

現在は
ハノイ-成田
ハノイ-関西
ホーチミン-関西

Jetstar(ジェットスター)

アジアやオーストラリアを飛び回るLCCの雄。
アジア中で運行しているため、乗り継ぎや複数の都市を利用する場合には便利です。

現在は
ハノイ-関西
ダナン-関西

LCCのメリットデメリット

ANAやベトナム航空などと比較しても良し悪しがあります。
移動だけできればいい人、
飛行機内を快適に過ごしたい人、
保険などのサポートが心配な人がいますので、
その方に合わせた航空会社を選択しましょう。

LCCのメリット

LCCの一番のメリットは「価格が安い」です。
そのため、あらゆることを効率化や簡易化しています。

プロモーションもたくさんやっており、
時には1000円などで販売されています。

もう一つの特徴が
片道でも安価な料金で購入でき、汎用性が高く自由なルートが組めることです。
通常の航空券は片道の場合は値上がりますが、LCCではそのようなことがございません。
周遊券の購入もスムーズにできます。

預け荷物が少ないため
空港でのチェックインもスムーズにできます。

LCCのデメリット

「価格が安い」を実現するため、
効率化や簡易化を行いその代償がデメリットとして現れています。

大手航空会社などでは無料のサービスが有料です。
例えば、食事などの機内サービス、預け荷物、予約の変更や払い戻しです。
また、マイル等の制度もございません。

一人でも乗客者数を上げるため
座席の間隔は狭められており、最低限のスペースしかないため、
長距離移動の場合は少し大変です。

LCCにはメリットデメリットがありますので、
目的やスケジュールに合わせて手配しましょう。

スカイスキャナーエクスペディアでいい飛行機を見つけましょう

関連記事