知る

中秋節に月餅(ムーンケーキ)を食べるベトナムの習慣

ベトナムでは中国の影響が強く残っており、
十五夜の月に中秋節を祝う伝統的な習慣があります。

中秋の1ヶ月前頃から街中で臨時店舗が立ち上がり、
月餅の商戦が加熱してきます。

中秋節とは

十五夜の月に秋の豊作を祝う伝統行事で
旧暦の8月15日に盛大に祝われます。
旧暦のため、毎年日程は変わりだいたい8−9月です。

日頃お世話になっている人や、
関わりのある方に月餅を配るのが伝統的な習慣です。

ビジネスマンたちはお得意先に月餅を配ります。
子供達は提灯を持って街を歩き、
お菓子などの贈り物をもらいます。

英語ではミッドオータムフェスティバル(mid autumn festival)と言います。

月餅(ムーンケーキ)とは

月餅は直径8cm、厚みが2cmほどの大きさの中国の伝統的なお菓子です。

月餅の種類

近年、月餅の種類が豊富になってきて、
皮の種類は2種類あり、中身の具材は10種類以上あります。

皮は白くもちっとしたもちのような食感の生地のバインゼオと
茶色く焼かれサクッとした食感のバインヌオンです。

中身の具材や味が多様化しています。
例えば、アヒルの塩漬け卵、腸詰め、ドリアン餡、豚肉、ベーコンなどたくさんあります。

ティラミス風や大判焼きのような月餅など、
月餅から派生した商品もよく目にします。
キャラクター月餅などもあり、ドラえもんの月餅などもあります。

月餅の味に関しては、
日本人では苦手な人は多いですが、
同僚や取引先からいただく機会も多いですので、
ぜひ試してください。
ベトナム人でも苦手な方は多数います。

月餅の買い方

バラ売りでもまとめ買い(箱売り)でも購入することができます。

箱で販売している場合は
何味なのか確認しましょう。
また、ウイスキーなどとセットで販売していることもあります。

箱は立派でおしゃれなことが多いので、
食べ終わった後も箱だけで利用することができます。

値段は購入するお店や中身の具材などで大きく変わり
1万ドン(約50円)から10万ドン(約500円)です。

中秋節当日になると、値引きで販売を開始するお店もあります。

インスタ

商品の種類が増えて、
昔に比べ色やデザインが豊富になりました。
『インスタ映え』するため、インスタグラムに投稿する人が増えています。

月餅は中国、香港、ベトナムなどの習慣なので、
ベトナムだけでなく他の国の月餅を見ることができます。

インスタグラムで検索や投稿する際は
#mooncake#月餅で検索しましょう。 

中秋節に月餅を食べてみましょう。

そして、中秋節が終わると
次は「ベトナム女性の日」や「ハロウィン」へ移っていきます

あわせて読みたい
10月20日はベトナム女性の日!ベトナムウーマンデーを祝おうベトナムでは9月の独立記念日を 最後に年内祝日がありません。 しかし、祝日ではないものの 中秋節、ベトナム女性デー、ハロウィン...
あわせて読みたい
ベトナムでのハロウィンの楽しみ方・過ごし方日本ではすっかりおなじみとなった 毎年10月31日に行われるハロウィン ベトナムでのハロウィンの事情や過ごし方を紹介します。 ...