時事/ニュース

日経ビジネスの定期購読の申し込み方や特徴を解説

ニュースアプリ、キュレーションメディア、個人ブログなどで
多くの情報がインターネット上に溢れて、
必要な情報をすぐに調べることができるようになり
とてもに便利になりました。

同時に情報過多になり、
誤情報も溢れており、
どの情報が正しいか分からなくなってきています。

そのなかで専門誌の信頼性や信ぴょう性は高く、
多くのユーザーが有料でも利用しています。
本記事では経済雑誌の「日経ビジネス」の定期購読、メリットデメリット、オンラインでの購読について紹介します。

日経ビジネスとは

日経ビジネスは日経BPが発行するビジネス週刊誌です。
1969年創刊と週刊ビジネス誌の中では新しい雑誌ですが、
主要ビジネス誌の中でも最大の読者数を誇る「ビジネスマン向け」の雑誌です。

ビジネスマンなら知識として抑えておきたい内容を網羅的に特集しています。

日経BP社は日経ビジネスの他に
「日経パソコン」「日経サイエンス」「ナショナルジオグラフィック日本版」「The Economist、Bloomberg BusinessWeek」を出版しています。

日経ビジネスの特徴

日々の情報を知る上で「新聞」は大変有効なツールで、
新聞の一番のメリットは速報性です。
そのため、一つの情報を深掘りするようなことはしません。
毎日発行されるものなので、基本的にはフロー型の情報が多いです。

その一方で週刊のビジネス誌は時事性の高い情報を、
「掘り下げて」特集するのが特長です。
ビジネスマンが知っておくべきニュースや情報が満遍なく配置されていて、
注目すべき企業・人物への直接取材をもとに独自の視点で”実践に役立つ情報”を発信をしています。

日経ビジネスは週刊誌のため
鮮度高い情報やスピード感や潮流がよく感じられます。

定期購読

単発で気になった巻号のみ購入は経済的ですが、
定期購読では一つの雑誌を定期的に読むことで知識や情報の積み上げができるというのが利点です。

また、自宅配送なども可能ですので、買い忘れの心配も不要です。
結果として、定期購読をすると値引きにもつながります。

日経ビジネスの場合は定期購買でしか入手することができません。
定期購読専用の雑誌になっており、書店はもちろん、ネット通販(Amazonなど)でも販売していません。

一方のデメリットとしては1年分といった購入分を前払いする必要があること、途中での解約は基本的に不可ということが挙げられるでしょう。

電子版

電子版での購読が可能なので、
海外在住などの物質的に受け取りができない方にも人気です。
家に本を溜めたくない方や毎週配送を受け取るのが難しい方にも電子版はオススメです。
好きな時にバックナンバーを見ることもできます。

日経ビジネスの専用のアプリもあり、
毎週水曜日に記事がアップデートされます。
専用アプリのため記事も読みやすくなっています。

アプリならではとして、
日経ビジネスDigitalのオリジナルコンテンツを読むことができます。
日本経済新聞の記事などを活用した時事問題に強くなるテスト、
経営者が語った珠玉の一言など、
豊富なコンテンツを平日に毎日配信します。

ぜひこの機会に日経ビジネスを購読してみてください

関連記事