旅行者向け記事

ベトナムの伝統的な帽子、ノンラーの特徴や歴史について

ベトナムの街中で女性がかぶるトンがった麦わら帽子を見たことがあると思います。
ノンラーと言われるベトナムの伝統的な帽子です。

本記事ではノンラーの特徴について説明します。

ノンラーの特徴

ベトナム語で「ノン」は笠、「ラー」は葉を意味します。
日本でも麦わら帽子はありますが丸みがありますが、
ノンラーは三角のとんがり帽子の編み笠です。
日差しの強いと多少の雨よけの必需品です。

トンがっている理由は雨季に雨がたくさん降るベトナムにおいて、
雨がたまらないようになっています。
合わせて長時間かぶっていても頭が蒸れません。
ノンラー専用の頑丈で特殊な藁を使っています。

現在では若者は日常的にノンラーを被らず、
アオザイを着る時やイベントの時などしか着用しまえん。
「ノンラーはダサイ」と言われており、若者のノンラー離れしています。
街中では露天のスタッフの年配の女性はノンラーを着用しています。

ノンラーの生産

ノンラーはベトナム全土で生産されています。
もっとも有名な産地は中部のフエで、
透かし模様や刺繍入りの美しいノンラーをつくる技術を持つ職人が多いとされ、
義実が高いと評判です。

地域や作り手によって、素材や形状が微妙に異なります。

ノンラー購入の仕方

ノンラーを購入する場合は
市場かおみやげ物屋に行きましょう。
ハノイ、ダナン、ニャチャン、ホーチミンなどベトナムの各地で購入できます。
おみやげ物屋には刺繍やペイントの入ったカラフルなノンラーが販売されています。

ノンラー購入の注意点

ノンラーの職人による手作りのため、
ほつれや穴が空いていないかなどを確認しましょう。

ノンラーのサイズは大きいので持ち運びにくいです。
ノンラーは硬いため折りたたむことなどできません。
お土産で購入する際はバッグへの収納スペースを考えましょう。
なお、日本での実用性はほぼない為、購入前に展示用などの用途を明確にしましょう

関連記事