ベトナム料理

ベトナム麺をオススメ4選!フォー以外にも絶品があり

日本でベトナム料理店も増えてきおり、注目度が高くなっています。

ベトナムではフォー以外の麺類も有名なので、
ベトナムのオススメの麺を紹介します。

ベトナムの麺とは

ベトナムでは古くから稲作が盛んだったため、
二毛作のエリアも多く米の生産が盛んな国です。

米粉を原料としたベトナム麺のフォーが有名ですが、
他のものを原料にした麺類も広く出回っています。

中国から入ってきた卵麺、
女性に人気のタピオカ原料麺、
日本人にも親しみのある春雨など多岐に渡ります。

また、ハノイやダナンやホーチミンなど地域によっても味付けなども異なり、
各地域の名産になっています。

オススメのベトナム麺の4選

バンカン

タピオカが原料となっている麺です。

タピオカ粉で作る丸麺はつるっとしたのど越し、モチモチして柔らかい食感で、女性にとても人気です。

蟹の入ったバンカンクアは濃厚なスープとバンカンの相性が抜群です。

フォー

北部発祥と言われるベトナム麺の代表で
「ベトナムの麺=フォー」と言われるぐらい日本人にとっては有名なベトナム料理です。

米粉から作られたフォーは、ほとんどコシがなく、ツルツルとライトな感覚で食べる事ができます。

牛骨、豚骨の2種が出汁の基本で、
フォーガー(鶏肉のフォー)やフォーボー(牛肉のフォー)が有名です。

あわせて読みたい
ベトナム料理の名物、フォーの特徴を徹底解説ベトナムの国民料理といえば 「フォー」「バインミー」「生春巻き」が有名です。 本記事ではフォーの基礎知識から美味しい食べ方まで解...

フーティウ

米から作られるフーティウは、細めのコシのある麺です。
南部名物とされ、「北のフォー、南のフーティウ」と言われています。

乾麺から茹でる細いストレート麺で、歯ごたえがあるのが特徴です。
うどんのようにボテボテ感もなく、ツルツルと食べられ
コリコリしていて、コシも少しあって、でも春雨のような堅さはありません。

ブン

ブンチャーの麺は米粉で作られた細い麺で、
ベトナムではフォーよりも親しみのある国民食です。

ブンから作られる麺は多く、
ブンをベースにした麺料理には、ブンという名前が含まれます。

ブンチャーはハノイ名物のつけ麺です。
炭火焼肉とヌクマムベースに酸味の効いた甘酸っぱいタレに、米麺・香草・生野菜を入れて食べる。

あわせて読みたい
ハノイのブンチャーでオバマ前大統領も絶賛したお店ハノイで大人気のローカルフードはブンチャーで、国民にとっての定番食でどこにでも店があります。 以前、アメリカの元大統領のオバマ氏も...

ブンボーフエは牛肉が入っているブンを使った、世界遺産で有名な中部古都フエの郷土料理です。
ベトナム人にもとても人気の料理です。

ブンカー(ブンチャカー)は、中部ダナンやニャチャンの海の町の名物として知られています。
チャカーは日本でいうさつま揚げで、魚のすり身を揚げたものをブンをあわせます。

その他にもあまりメジャーではありませんが

中華麺小麦が原料のミー、春雨のミエン、かた焼きそばのミー・サオ・ヨンなど麺類は種類が豊富です。

カオラウは中部のホイアンの名物料理で、コシと弾力のある黄色い麺でうどんがルーツと言われています。
一時期、ホイアンには多くの日本人が住んでいたためです。

ベトナムに訪れた際には是非お試しください。

関連記事