ベトナム料理

ベトナム料理の名物、フォーの特徴を徹底解説

ベトナムの国民料理といえば
「フォー」「バインミー」「生春巻き」が有名です。

本記事ではフォーの基礎知識から美味しい食べ方まで解説します。

フォーの由来・発祥

中国の広州の切粉という麺類から派生した食事と言われています。
ハノイかナムディンでベトナムのオリジナル料理になり、
1954年のジュネーブ協定締結により、
ベトナム北部から中部・南部に一気に広がりました。
1975年のベトナム戦争終了後に
世界中に亡命したベトナム人によって広められ、世界で有名になりました。
フォーの歴史は浅く、20世紀初めに出現した料理です。

ベトナムは三毛作のため、
米が年に3回収穫ができるので、
米麺は文化や地域と相性がいい食事です。

ベトナムでは朝食でフォーを食べるのが一般的です。
一部のお店で夜まで営業しているフォー屋もありますが、
そのお店は観光客向けに営業しています。

フォーの特徴

コシのないふにゃふにゃとした食感です。
水に漬けた米粉をペースト状にして金属板の上で熱したものを麺に形状にします。
麺の細さは日本のうどんを少し細くしたほどです。

フォーの種類

phở bò tái:半生の牛肉入りフォー
phở bò chín:よく熱した牛肉入りフォー
phở bò gầu:牛すじ肉入りフォー
phở tái sụn:半生牛肉と軟骨入りフォー
phở tái lăn:半生牛肉炒め入りフォー

フォーの食べ方

フォーのスープは味に癖が強くなく、
食べる人の好みに合わせて
調味料やトッッピングを追加して、自分なりのフォーを作るのが一般的です。
最初から加える調味料を一度に全部入れるのではなく、
少しずつ加えましょう。

トッピングの代名詞はパクチーです。
他にも、ミントやレモングラスやバジルなどの香菜が相性がいいです。
ライムやレモンなどの酸味のある果実も
絞ってかけるとさわやかな味わいと風味を加えます。

調味料では魚のエキスから作る醤油みたいな調味料の「魚醤(ナンプラー)」を利用します。
他にもチリソースやニンニク酢や唐辛子なども相性がいいです。
日本で食す場合はネギなどがオススメです。

油揚げのような「クワイ(quẩy)」を汁に浸して一緒に食べることも多いです。

フォーの茹で方

ベトナムでは生麺から茹でますが、
日本で食べる場合は乾麺を使用していることが多いです。
日本ではエースコックがフォーの乾麺を販売しています。

日本でフォーを乾麺を購入すると
麺はかなり厚い麺です。
そのため、茹でるのが難しく、
外は溶けているのに中は固いということが発生します。

茹でるコツは1時間ほど水に浸して戻しておくのがポイントです。
そうすると茹で始めるて1分ほどで召し上がれます。

日本でもフォーの麺を購入できますので、
ぜひお試しください。

関連記事