未分類

ポケトークの使い方・評判・口コミ

海外旅行をする時には言葉が通じるかどうかは一つの心配事です。

指差し英会話や
翻訳用のアプリがありますが、
翻訳の精度があまりよく使い物にならないことも多いです。

本記事では
AI通訳機の「POCKETALK W(ポケトークW)」を紹介します。

ポケトークの概要

ポケトークは2017年12月にソースネクストから販売され、
瞬く間に人気が出た商品です。
今は品揃えは安定しましたが、
品切れが続き注文から到着まで2ヶ月待ちの状態が長く続きました。

ポケトークは
74言語双方向の翻訳機なので、
日本語から英語はもちろん、
英語から日本語、
そのほかタイ語、ベトナム語などのマイナーな言語にも対応しています。

手のひらに乗る小さな機械で
インターネットがあればどこでも利用できます。

ポケトークの使い方

まずポケトークを購入しましょう
コチラが公式ページです。

使い方は簡単で

  1. インターネット接続をする
  2. 言語設定をする
  3. 話しかける

この3ステップで翻訳機として利用することができます。

インターネットはSIMカードを挿入するか、Wifiに接続します。
デバイスは二種類あり、SIMの有無によって値段が異なります。

言語設定も音声でできますので、
話しかけねながら設定ができます。



ポケトークのメリット

アップデート

2017年12月に発売時は対応言語は約40言語でしたが、
2019年1月で74言語まで増えています。
今後も言語数が増加していきます。
AIを使いデータを溜め込み、
翻訳の精度も向上しています。

ポケトークはスマホのようにOSをアップデートしています。
アップデートするたびに言語数や翻訳の精度が向上しています。

マイクの機能

他の翻訳機・スマホ翻訳とポケトークの違いの一つにマイクの精度が良いことです。
デュアルマイクによるノイズキャンセル機能を搭載しているので、
人混みや雑音が入りやすいところでも、
会話を聞き逃しません。
大音量のスピーカーを搭載したので、
翻訳機を口元に必要もないため、
テーブルに置いたまま相互に会話が行えます。

4G対応

ポケトークは初代は3Gのみの対応でしたが、
最新機種は4Gに対応しています。
高速データ通信が可能になったため
翻訳のスピードや精度が一段と上がりました。
翻訳はクラウド上のエンジンを使用するため、言語によって最適な翻訳エンジンが利用可能です。

なおインターネットスピードで翻訳スピードも変わってきます。
SIMよりWifi接続の方が早く翻訳が行えます。

有名Youtuberのカジサックさんがアメリカでポケトークを使用しています。

ポケトークのデメリット

正直なところ致命的なデメリットはありません。
人によって気になることがあると思います

  • SIMの場合翻訳速度が遅い
  • 高機能なため使い方が使いにくい
  • 翻訳にはインターネット接続が必要
  • WiFiやSIMの初期設定が必要
  • 長文だと翻訳精度が落ちる

長文で翻訳の精度が落ちますので、
一文話したら翻訳を繰り返しましょう。

ポケトークの評判・口コミ

ポケトークと比較されるログバーの翻訳機「イリー」の対応言語数は3言語なので、複数の国の人がいるビジネス会議やディナーにも活用できました。
満充電の場合の動作時間は待機時で約5日間、オンライン翻訳時で約6時間とバッテリーの持ちがよかったです
音量調節ができ、小さい声でも認識してくれるので、少しうるさいレストランでも利用できましょた
バックパッカーで東南アジアなどで言語が変わる国を周遊する場合でも
この翻訳機一つで問題ありま戦でした
翻訳内容がテキストでも確認できるので、メールやチャットにそのまま使えます。

ポケトークの申し込み方

お申し込み公式ページができます。
Amazonからでも購入ができますが、
公式ページだけの特典として、ワイド保証があります。
通常の保証は1年保証ですが、
3年間保証が延長され、水没・落下破損も保証対象となります。

専用eSIMカード付きで29,800円(SIMは2年間有効)
Wi-Fi +SIMスロット付きの専用モデル(24,800円)

なおポケットWIfiをレンタルする場合はイモトのWiFiが便利です。



会話ができるだけで、
海外旅行が数倍楽しくなりますので、
ぜひご利用ください