基礎情報

ベトナムの社会主義とは?国家主席・大統領・首相の違いは?

日本は天皇陛下、中国は国家主席、アメリカは大統領といい
トップの立場も国によって呼び方や役割が違います。

本記事ではベトナムの社会主義と元首の概要について説明します。

ベトナムの社会主義とは?

ベトナムの国号は「ベトナム社会主義共和国」です。
社会主義は資本主義と対峙する政治体制で、日本とは反対の考えになります。
ベトナムやキューバやラオスも社会主義で、世界的には2%ほどです。

貧富の差を広げる資本主義の考えと対峙して、
財産などを集権し全員が平等で富の分配をするのが社会主義の基本的な考えです。

ベトナムは共産党の一党独裁で、日本のように複数の党がありません。
国民によって選ばれる役人ではなく、すべてが内々で決められています。
公衆の面前でベトナムの政治の悪口を言ったりすると罰せられ、
公安警察が非常に強い力を握っています。

ベトナムのトップは?

ベトナム共産党の最高職である
党中央委員会書記長、国家元首である国家主席首相の3人を中心とした集団指導体制であり

1976年7月2日、ベトナム社会主義共和国の成立に際し、元首として国家主席職が設置されました。
国家主席は主に外交、軍事を統括しています。
国家主席の他にも首相と党書記長がおり、
首相が経済政策を含めた国内政策を主導しており、
党書記長が一党独裁の共産党を仕切っています。

国家主席は国会議員の中から国会が選出し、任期は5年間です。
なお、任期満了後も、国会が次の国家主席を選出するまでその職務を遂行する。

国家主席が長期間にわたり職務遂行不能の際には、
国家副主席が国家主席の職務を代行します。

ベトナムの国家主席、首相、党書記長

2019年1月現在の国家主席、首相、党書記長を紹介します。

国家主席はグエン・フー・チョン(Nguyễn Phú Trọng、阮富仲)氏で2018年10月23日に着任しました。
2018年9月にチャン・ダイ・クアン(Trần Đại Quang、陳大光)氏が在任中になくなり、
急遽グエン・フー・チョン氏が着任しました。
グエン・フー・チョン氏は共産党書記長との兼任です。
共産党書記長は2011年1月19日に着任しました。

首相はグエン・スアン・フック(Nguyễn Xuân Phúc、阮春福)氏で2016年4月7日に着任しました。

関連記事