暮らす

ベトナムの治安・犯罪事例・対策について徹底解説

ベトナムに旅行や将来移住を計画するしている人にとって、
治安は気になる問題の一つです。

海外旅行にはトラブルがつきものですが、
事前に知っていたり注意すれば防げるものがほとんどですので、
ベトナムの治安について説明します。

一般的にはベトナムは治安がいいとされています。
日本の外務省からも外国人が大きな犯罪に巻き込まれることは少ないと発表されています。

観光客を狙ったスリやひったくりや窃盗などの軽犯罪は依然多いですが、
テロや大きな犯罪はほぼないのが特徴です。

スリやひったくり

スリは観光地の集まる市場大聖堂で多発しています。
スリ集団はプロで観光客に狙いを定めて周辺で活動しています。

スリに狙われる特徴として、
会話に集中していたり
スマホに集中していると狙われやすくなります。

街中をスマホで写真を撮っていると
通りがかりのバイクにスマホを取られるなどは良くある事例です。

対策としては、
ストライプをつけて首にかけるとスリにあう可能性は下がります。
パスポートは腹巻き式のポーチに入れましょう。

物乞いは稀にいますが、社会主義国家の影響もありほぼいません。

ひったくりはタクシー乗り場でよく発生します。
またレストランやカフェでトイレなどで一瞬席を離れた瞬間にものがなくなることもあるのでご注意ください。

強盗

飲み物や食べ物に睡眠薬などを入れたり、
ガイドのフリをして強盗するケースがあります。

旅行中に仲良くなった人でも常に警戒して、
人通りや少ないところ、路地、夜間の外出は控えましょう。

アイスクリーム詐欺が有名で
子供がアイスクリームを勝手におごってくれて、
食べるとその親が出てきて親からアイスクリーム代を請求されます。

詐欺

現在はGrabがあるのでタクシーに乗る機会は減りましたが、
短期旅行者などはタクシーを利用することが多いと思います。

白タクや声をかけてくるタクシーは利用しないようにしましょう。
乗車後すぐにメーターが回転しているか確認しましょう。

お釣りごまかし詐欺も発生します。
ベトナムドンは桁が多く、慣れていないと計算が難しくなります。
そのすきに漬け込みお釣りのごまかしなどを行います。

支払い時に紙幣選びに躊躇していると、
財布の中をのぞいてきて、支払う紙幣を指定してくる人もいますので、
財布の中身は隠しましょう。

あわせて読みたい
ベトナムの通貨・お金のドンについて!簡単な計算方法も紹介ベトナムではドン(VDN)という単位の通貨が流通しています。 ベトナムドンの特徴として、 日本円や米ドルと比較して桁数が大きいことで...

交通事故

バイクが多く、交通ルールもあってないようなものなので、
交通事故がよく発生しています。

信号や横断歩道や歩道橋などもないため、
道路を渡るには車の間をすり抜けるしかありません。
横断歩道を渡っていてもバイクとぶつかることもあります。

バス→自動車→バイク→歩行者の優先順位になります。

歩きスマホなどは事故の元になりますので、
スマホを確認するときは立ち止まりましょう。

売春や麻薬

これらの行為はベトナムでも違法です。

マッサージに始まり、ガールズバーやカラオケ、風俗床屋、立ちんぼ、ホンダガール、置屋などと言われる様々な業態があります。
旅行中に羽目を外してこれらに手を出して捕まるケースも多いです。

対策

少し注意して生活や旅行をして入れば大きな事故に会うことはないと思います。

この4つを注意して行動するばスリなどは回避できます。

  • 人前や外でお金を数えない
  • 荷物やスマホには常に注意
  • 荷物を置きっぱなしにしない
  • 人気のないところにはいかない

しかし、一瞬の隙で事件や事故は発生しますので、
ベトナムにいるときは自分が外国人だと認識した上で行動しましょう