ベトナム料理

ベトナムの春巻きは種類が豊富!!生春巻き・揚げ春巻き・蒸し春巻き等

ベトナム料理はフォー、バインミー、春巻きとヘルシーな料理が有名です。
春巻きには「生春巻き」「揚げ春巻き」「蒸し春巻き」など種類があり、
お好みや気分に合わせて食することができます。

本記事ではベトナムの春巻きについて紹介します。

ベトナムの春巻きの種類

ベトナムの春巻きと言っても
地方によって味付け、大きさ、中身の具材、調理の仕方などが異なり、
いろんな楽しみ方ができます。

日本で春巻きというと小麦粉を使った皮を使うことが多いかと思いますが、
ベトナムでは「ライスペーパー」や「からし菜」など様々なタイプの皮を用いた春巻きがあります。

北部の春巻きは南部や中部のよりも大きいのが特徴です。

生春巻き(ゴイクン:Goi cuon)

日本での「ベトナムの春巻き」は生春巻きを指す事が多く、
ベトナム語では「ゴイクン(Goi cuon)」と呼びます。

大葉、ネギ、ニラ、海老、サニーレタス、豚肉、ブン(米麺)、きゅうりをライスペーパーで巻いて、
チリソースやヌクマムを付けながら味を変えて食べるのが一般的です。

ベトナムでは生春巻きは家庭料理ではなく、
外食する食べ物で、
屋台では軽食として、
ローカル食堂では麺料理などのサイドディッシュとして、
高級レストランでは前菜として
シーンによって用途が変わり食べられている。

大皿にこれら具材が盛られ、自分のお好みの具材を選びライスペーパーで巻きます。
日本の手巻き寿司に似ています。

揚げ春巻き(ネムザン:Nem ran/チャーゾー:Cha gio

「揚げ春巻き」は地域によって呼び方が異なり
ハノイなどの北部では「ネムザン(Nem ran)」、
ホーチミンなどの南部では「チャーゾー(Cha gio)」と呼ばれています。

主な材料は豚ひき肉、キクラゲ、春雨などとほぼ同じで、
揚げ春巻きをブン(米麺)や野菜と一緒に甘酸っぱいタレで食べます。
北部のものは大きめでハサミで切り、南部のものは一口サイズです。

ビールとの相性も抜群です

あわせて読みたい
ベトナムのビール特集!オススメのベトナムビール7選ベトナムはビールの消費量と生産量が共に世界トップ10に入るビール大国です。 ビアホイでたくさんビールを飲む光景を目にします。 本...

蒸し春巻き(バインクォン:Banh cuon)

「蒸し春巻き」は「バイン・クォン(Bánh cuốn)」と呼ばれています。

具材は焼いた豚肉だったりエビで生春巻きとあまり変わりませんが、
蒸しているためライスペーパーがプルプルとした食感になっているのが特徴です。

古都ベトナムのフエの伝統的な料理で見た目の美しさとおいしいことで有名です。

あわせて読みたい
ベトナムのフエの観光・ホテル・天気など全情報のまとめ!日本からベトナムへの観光客が増加しており、 ベトナムの京都と呼ばれる古都「フエ」への関心も高くなっています。 本記事ではフエの概...

網春巻き(ウェブクォン:Web Cuon)

「網春巻き」はベトナム語では「ウェブクォン(Web Cuon)」と呼ばれています。
ベトナムの古都・フエで考案された料理で、春巻きの皮が網目のようになっていて目でも味でも楽しむことができます。
皮以外の特徴は一般的な揚げ春巻きと同じです。

からし菜春巻き(クオンジェップ:Cuon diep)

「からし菜春巻き」は「クオンジェップ:Cuon diep」と呼ばれています。

具材をからし菜で包むという日本には馴染みのない食事です。
からし菜で巻くためライスペーパーを使用している春巻きと比べてもヘルシーなのが特徴です。

からし菜というとかなり辛そうなイメージが強いですが、ピリ辛程度ですのでお子様でも食べる事ができます。
からし菜春巻きも綱春巻き同様に古都フエの名物料理です。

ベトナム料理はフォー、バインミー、春巻きとヘルシーな料理が有名です。

春巻きには「生春巻き」「揚げ春巻き」「蒸し春巻き」など種類があり、
お好みや気分に合わせて食することができます。

本記事ではベトナムの春巻きについて紹介します。

ベトナムの春巻きの種類

ベトナムの春巻きと言っても

地方によって味付け、大きさ、中身の具材、調理の仕方などが異なり、いろんな楽しみ方ができます。

日本で春巻きというと小麦粉を使った皮を使うことが多いかと思いますが、
ベトナムでは「ライスペーパー」や「からし菜」など様々なタイプの皮を用いた春巻きがあります。

北部の春巻きは南部や中部のよりも大きいのが特徴です。

生春巻き(ゴイクン:Goi cuon)

日本での「ベトナムの春巻き」は生春巻きを指す事が多く、ベトナム語では「ゴイクン(Goi cuon)」と呼びます。

大葉、ネギ、ニラ、海老、サニーレタス、豚肉、ブン(米麺)、きゅうりをライスペーパーで巻いて

チリソースやヌクマムを付けながら味を変えて

食べるのが一般的です。

ベトナムでは生春巻きは家庭料理ではなく、

外食する食べ物で、
屋台では軽食として、
ローカル食堂では麺料理などのサイドディッシュとして、
高級レストランでは前菜として
シーンによって用途が変わり食べられている。

大皿にこれら具材が盛られ、自分のお好みの具材を選びライスペーパーで巻きます。

日本の手巻き寿司に似ています。

揚げ春巻き(ネムザン:Nem ran/チャーゾー:Cha gio

「揚げ春巻き」は地域によって呼び方が異なり
ハノイなどの北部では「ネムザン(Nem ran)」、
ホーチミンなどの南部では「チャーゾー(Cha gio)」と呼ばれています。

主な材料は豚ひき肉、キクラゲ、春雨などとほぼ同じで、

揚げ春巻きをブン(米麺)や野菜と一緒に甘酸っぱいタレで食べる
北部のものは大きめでハサミで切り、南部のものは一口サイズです。

ビールとの相性も抜群です

あわせて読みたい
ベトナムのビール特集!オススメのベトナムビール7選ベトナムはビールの消費量と生産量が共に世界トップ10に入るビール大国です。 ビアホイでたくさんビールを飲む光景を目にします。 本...

蒸し春巻き(バインクォン:Banh cuon)

「蒸し春巻き」は「バイン・クォン(Bánh cuốn)」と呼ばれています。

具材は焼いた豚肉だったりエビで生春巻きとあまり変わりませんが、
蒸しているためライスペーパーがプルプルとした食感になっているのが特徴です。

古都ベトナムのフエの伝統的な料理で見た目の美しさとおいしいことで有名です。

あわせて読みたい
ベトナムのフエの観光・ホテル・天気など全情報のまとめ!日本からベトナムへの観光客が増加しており、 ベトナムの京都と呼ばれる古都「フエ」への関心も高くなっています。 本記事ではフエの概...

網春巻き(ウェブクォン:Web Cuon)

「網春巻き」はベトナム語では「ウェブクォン(Web Cuon)」と呼ばれています。ベトナムの古都・フエで考案された料理で、春巻きの皮が網目のようになっていて目でも味でも楽しむことができます。皮以外の特徴は一般的な揚げ春巻きと同じです。

からし菜春巻き(クオンジェップ:Cuon diep)

「からし菜春巻き」は「クオンジェップ:Cuon diep」と呼ばれています。

具材をからし菜で包むという日本には馴染みのない食事です。
からし菜で巻くためライスペーパーを使用している春巻きと比べてもヘルシーなのが特徴です。

からし菜というとかなり辛そうなイメージが強いですが、ピリ辛程度ですのでお子様でも食べる事ができます。

からし菜春巻きも綱春巻き同様に古都フエの名物料理です。

関連記事