交通

ベトナムのタクシー情報・乗車方法・注意点!タクシー配車アプリのGrabも便利

ベトナムは交通インフラがまだ整っておらず地下鉄などはありません。
庶民の足はバイクで一人一台のバイクを所有しています。

在住者や旅行者の交通手段は路線バス・バイクタクシーがありますが、
英語が通じないことも多く、事故の可能性が高いのでトラブルの起こる可能性があります。
そうなると、ベトナムでの交通手段はタクシーになります。

本記事ではベトナムのタクシー情報、乗車方法、注意点、そして旅行上級者向けのタクシー配車アプリのGrabを紹介します。

タクシー事情

タクシーにはセダンタイプとワゴンタイプの2種類があります。
ワゴンタイプは最大7人乗ることができます。

ベトナムのタクシーの料金の相場

日本のタクシーの場合は初乗り料金はどの会社も一律ですが、
ベトナムの場合は会社ごとで初乗り料金が異なります。
そのため、ぼったくりタクシーが発生しています。

初乗りの料金は会社にもよりますが10,000~13,500ドンからスタートします。
以降は1kmあたり15,000ドン程度加算されます。
ベトナムの料金表示は100ドン単位は使わず、下3桁は省略されています。
例えばタクシーメーターが15の場合は15,000ドンが金額となります。

あわせて読みたい
ベトナムの通貨・お金のドンについて!簡単な計算方法も紹介ベトナムではドン(VDN)という単位の通貨が流通しています。 ベトナムドンの特徴として、 日本円や米ドルと比較して桁数が大きいことで...

ベトナムのタクシーの運転手に英語を話せる人が少ないです。
事前に行き先をメモして見せましょう。
地図を正確に見ることができる人も少ないので、建物やレストランの名前を伝えましょう。
観光客が訪れる箇所はタクシーの運転手も地図なしでたどり着けます。

あわせて読みたい
ベトナム語でタクシーなどの交通で不便しない方法!旅行者や在住者がよく使う8フレーズハノイで生活や旅行をしていると タクシーやバイクタクシーを利用する機会もあります。 ベトナム語はドライバーとのコミュニケーション...

深夜はタクシー料金が高くなる傾向があります。
初乗りの料金が高いというパターンもあれば、
メーターが少し早い、
到着後メーターに+αの料金を請求されるなど様々です
市内ー空港を利用する際も空港ターミナル内への入場料が発生するため、
メーターとは違う料金を請求されます。

乗車の方法

路上で手を挙げて止めるか、
ホテルやショッピングセンターの入口に立っているタクシー会社の配車係に呼んでもらいましょう。

タクシーのドアは自分で開閉をします。

乗車時に確認すること

乗車前は車体に書かれている社名と電話番号
発車後はメーターがちゃんと動いているかどうか
降車時は車内に忘れ物がないかどうか
が確認のポイントです。

ドライバーはお釣りを持っていないことが多いため、
事前に小額紙幣を準備しましょう。
1000桁までは繰り上げされることがありますし、お釣りがないことも当たり前です。

チップは基本的に不要ですが、
お釣りの小額紙幣感謝の気持ちとして少し多めに渡すといいでしょう。

人気タクシー会社

ホーチミンでの人気タクシー会社

MAI LINH

ベトナム全土で展開する大手タクシー会社です。
緑の車体なので、遠くにいても一目でわかります。
ドライバーの多くは制服を着用しています。

VINASUN

ホーチミン市内のタクシーの半数以上のシェアを占める大手タクシー会社です。
白い車体に赤と緑のラインが目印で、新しい車が目立つのが特徴です。

メーターを使ってくれ、顔写真やドライバー氏名などの情報もあるので安心できます。
ドライバーは基本的に制服を着用しています。

ハノイでの人気タクシー会社

ベトナムの首都ハノイにもMAI LINHタクシーが走っていますが、
ビジネスエリアに限定され、観光地エリ(旧市街)ではなかなか見つかりません。

Taxi Group

ハノイで一番車体数が多く見つけやすいおすすめのタクシー会社です。
白い車体に赤いラインと青の文字が特徴です。

コンパクトな4人乗りの車からセダンカー、7人乗りの乗用車までの車種があります。
メーター付近に顔写真と氏名があり、制服を着用しています。

ABC Taxi

ピンクのかわいい見た目にABCタクシーと書かれているためわかりやすく、見つけやすいです。
基本的にはコンパクトタイプ・セダンタイプのもののみとなります。

ベトナムでのタクシーの注意点

ベトナムでタクシーでのぼったくりや置引が発生する事件が起きていますので、
乗車後も安心しすぎずに注意しましょう。

代表的なトラブルを紹介します。

白タク

観光名所や観光客が多く集まるところに止まっていることが多い「白タク」と呼ばれる違法タクシーです。
タクシー会社のライセンスを所持せず、個人でやっています。

車の外見は通常のタクシーと似ていることが多く、
白または銀色の車体に緑のステッカーを貼っています。
運転手は私服を着ているので、私服の場合は注意が必要です。

白タクがよく使う手段が「高速メーター」です。
乗車前に白タクと気づくとことがベストですが、「メーター」がおかしいと感じた場合はすぐに下車しましょう。
ドライバーは怒鳴ってきて威嚇することもありますが、
お金だけシートにおいて、荷物をとっては去りましょう。

遠回り

地理感覚のない旅行者はもっとも厄介です。
ベトナムは一方通行も多かったり、渋滞回避のルートだったりと、遠回りされているか否かが判断がつきません。

5分に一回グーグルマップなどで目的地に遠回りしていないか確認しましょう。
地図以外にも情報収集なども必要なので、
ポケットWifiで常にインターネットを繋げれるようにしておくといいでしょう。

あわせて読みたい
ベトナムへの無料WiFiレンタルは便利な「イモトのWiFi」がオススメWifiやインターネットの接続は 海外旅行する際に非常に重要になります。 インターネットが繋がらないと、 見知らぬ地で道に迷っ...

ぼったくり

メータータクシーの場合はぼったくりの可能性も下がりますので、
タクシーに乗りたい場合は、近くにあるホテルやレストランに入り、タクシーを呼んでくださいと頼んでみましょう。

目的地にメーターより安くつけるタクシーなどほとんど存在しませんので、
交渉してくるタクシーには要注意です。

また、荷物代を請求したり、
人数が多いと一人当たりの人数を提示してくるドライバーもいますが、
気にせずメーターの料金で支払いましょう。

Grabとは

Grabとは、東南アジアで普及している配車アプリです。

タクシーを使うと、目的地を伝えるという手間やその目的地が合っているのか、
メーターは大丈夫かなどと心配事がたくさん発生します。

Grabを使えばその心配がほとんどありません。
アプリを通じて目的地を共有し、
その目的地に応じてドライバーがお客さんを選んでいるため、
目的地をわざわざ伝える必要がありません。
また、料金も予め予約時に確定、表示されているので表示額以上を支払う必要がありません。
そのため、ドライバーが英語が話せなくても、目的地まで辿り着けます。

乗車後のレビューもあるため、
ドライバーの質がよく、
トラブルに遭遇する可能性が低いです。

クレジットカードも使用可能なので、
お釣りの心配なども不要です。

Grabはとても便利で安全なので、
タクシーよりGrabの利用をオススメします。

 

関連記事