旅行者向け記事

ベトナムの旧正月のテトとは?過ごし方や注意点や2024年までの日程も!

毎年1月か2月にベトナムの旧正月があり、
新年が盛大に祝われます。

本記事ではベトナムの正月のテトの
習慣、生活や観光する際の注意点、2024年までの日程について説明します。

テトとは

テト(Tet)とはベトナムの旧正月で、年間を通じて最も重要な祝祭日です。
ベトナムは中国文化の影響を受けているため、旧正月の暦です。

旧暦は月の満ち欠けを基準とし、新暦は太陽の公転周期を基準とした暦です。
そのため、旧暦は英語でルナカレンダーと言います。

旧暦と新暦では、一年の長さが違うため旧正月は毎年違う日になります。

日本では1月1日が元旦ですが、ベトナムでは1月1日は祝日になりますが、
カウントダウンとかもなく、祝い事は行われません。

テトの習慣

テトのお正月の基本的な過ごし方は家族や親戚一同でお祝いをします。

お祝いごとの時に食べる特別な料理あり、
その中でもバインチュウは絶対に欠かせません。

バインチュウはベトナム版のちまきのような料理で、
モチ米の中に豚肉と緑豆をしっかりすりつぶしたもの入れて、葉っぱで巻き大鍋で煮て作る料理です。

ベトナムでもお正月には縁起のいい花や植物を飾ります。
伝統的なものとしては金柑や蜜柑の木、桃の花や黄色の菊が人気です。
黄色が縁起のいい色とされており、金柑や蜜柑は子孫繁栄も願われています。

テト期間の街の様子

テト期間中のベトナム旅行は日常のベトナムを見るたり感じたりすることができないため、
旅行に訪れるのはお勧めしません。

しかし、「テト期間中に訪れてみたい」「スケジュールがテト期間中しか調整できない」などの場合には訪れることもできます。

下記の点を留意してください。
テトの期間中は公的機関、お店、レストラン、個人商店の多くは休みます。
スーパーなども元旦は店休日になる場合が多いです。
公共機関運営の美術館等も定休日になります。

観光客が集まるエリアはコンビニ、ホテルなど営業している店もあります。

移動

ベトナム中の国民が帰省のために大移動し、交通機関は毎年混乱します。
テト期間中のホテルや交通費(バス、電車、飛行機)の料金は2−3倍になります。
1ヶ月以上前に売り切れるチケットもありますので、事前の購入が必要です。

長距離移動だけでなく、ハノイやホーチミン市内も渋滞が激しくなります。
また、タクシーの台数も減るために、タクシー難民になります。

近年、テト休暇を利用して国内の観光地やタイやカンボジアへの周辺国への旅行をするベトナム人も増えています。
国外旅行はベトナム人以外にも中国人やシンガポール人も海外旅行をする時期なので、
飛行機だけでなく、旅行先のホテルなども早めに取りましょう。

買い物

テト期間中はスーパーやレストランも閉まりますので、事前に食材の確保をしましょう。

一週間ほど前からベトナム人はスーパーに買い溜めのために買い物に行きますので、
レジが長蛇の列になります。

新年にはショッピングセンターは正月セールを行います。
日本でもお正月の初売りと同じイメージです。
どのテナント店も大セールを実施し、アパレル店やスーパーの食品エリアは大変混雑します。

物価上昇

多くの人が帰省をするなど都市部では人が少なくなるため、
働き手不足、料金の高騰が発生します。

また、テト期間中の就労は法律定められており、給与が3倍になりますので、
商品やサービスもテト価格に上乗せさせ割り増し価格になり、価格が書き換えられます。

1.2~2倍まで値上がりします。

フラワーロード

テトの時期だけのイベントにフラワーロードがあります。
テト中のベトナム観光の楽しみの一つです。

テト期間中は家の前に花を飾る習慣があり、あちこちで花市が開催されます。
花がいっぱい飾られすフラワーロードが開催させるのが恒例のイベントです。

ハノイ→ホアンキエム湖周辺の遊歩道
ダナン→市内中心部のバクダン通り
ホーチミン→ドンコイエリアにあるグエン・フエ通り

お年玉

ベトナムにもお年玉文化があります。

テトに向けてお年玉やお土産でお金が必要になるため、
テト1ヶ月前からぼったくりが多く発生します。
ひったくりや置き引きなどの犯罪も増えます。
警察なども交通違反を厳しく取り締まり、罰金を徴収しています。

お年玉は日本では親族だけですが、
会社の部下やメイドさんや近所の子供や目上の立場の者から目下の方へは必要です。
こちらが年下であっても、主従関係的なものがあるならば渡す必要があります。

今後のテトのスケジュール

日付 元旦の曜日 連休 最大連休
2020年 1月25日 土曜日 7連休 10連休
2021年 2月12日 金曜日 7連休 11連休
2022年 2月1日 火曜日 9連休 9連休
2023年 1月22日 日曜日 9連休 9連休
2024年 2月10日 土曜日 7連休 10連休

最大連休は有給をうまく組み合わせたら取得できる連休です。

関連記事