生活基礎情報

ベトナムのチップ事情について解説

日本で生活していると馴染みのないのがチップ文化です。
海外では国ごとによってチップの必要不要が異なります。

本記事ではベトナムのチップの事情について紹介します。

ベトナムのチップ事情

ベトナムでは基本的にはチップは不要です。

しかし、実際に現地で過ごしているとチップを渡すタイミングは稀にあります。
基本的な姿勢として、
サービスに対する「心付け」なので、
サービスに納得していなければ渡す必要がありません。

レストラン

高級レストラン以外は基本的にはチップは不要です。
高級レストランやバーではチップの相場は1万ドン〜5万ドンです。
団体で食事に行くと、
テーブルに担当者が一名配置されることがありサービスしてくれます。
その場合は5万ドン~10万ドンです。

サービス料に含まれる場合がありますので、
支払い時にサービス料が含まれているか確認しましょう。
高級な飲食店でなくても外国人だからといってチップを要求してくる店員もいますが、断りましょう。

チップではないですが、
袋に入ったおしぼりは有料になりますので注意しましょう。

ホテル

基本的にベトナムのホテルやモーテルではチップは不要です。
ホテルでは基本的には料金にサービス料が含まれています。
利用者の中にはホテルの清掃員やベルボーイにチップを渡す人がいますが、渡さなくてもマナー違反ではありません。
もし渡す場合はベルボーイやルームサービスに対しては1~2万ドンです。

タクシー

基本的にはチップは不要で、
メーターに表示されている料金通りに支払えば問題ありません。
1日チャーターや長距離の移動の場合のみチップを渡すこともありますが、5万ドン〜約10万ドンです。
タクシー代金のお釣りをそのままチップとして渡すこともあります。

エステやマッサージ

マッサージ店やスパなどでは不要な場合必要な場合があります。
メニューにサービス料やチップ込みの場合は記載されていますので、
その場合はチップが必要です。

必要な場合は1時間あたり5万ドン~10万ドンです

ゴルフ

ベトナムのゴルフでは一般的にお客様1人にキャディーが1人つきます。
キャディーへのチップは20万ドンですので、
ラウンドが終わったときに渡しましょう!

ツアーガイド

格安ツアーや団体ツアーの場合はチップは不要ですが
プライベートツアーの場合は1日5万~10万ドンが相場です。

ツアー費用にサービス料が含まれている場合もありますので、
事前に確認しましょう。

あわせて読みたい
ベトナムの通貨・お金のドンについて!簡単な計算方法も紹介ベトナムではドン(VDN)という単位の通貨が流通しています。 ベトナムドンの特徴として、 日本円や米ドルと比較して桁数が大きいことで...
関連記事