仕事/求人

ベトナム語の翻訳のポイントと3つのオススメ翻訳会社

ベトナムと日本で仕事をしていると
言葉に壁にぶつかることがあります。
言いたい事がうまく伝わらずにコミュニケーションでストレスになったり、
契約書など重要書類で絶対にミスが許されないことも多いと思います。

「ベトナム語の翻訳はプロや翻訳会社に依頼するべきか悩んでいる方、
ベトナム語のグーグル翻訳の精度が気になる方、
ベトナム語の翻訳を対応している会社を知りたい方」
などの、疑問にお答えします。

翻訳のプロとアマの違い

翻訳でも公的文書、社内の資料、Lineなどのメッセージなど使用用途が様々だと思います。
翻訳を自分でするか、翻訳会社やプロの翻訳家に依頼するかは、
状況によって異なります。

プロとアマの用途の分け方

日本人とベトナム人がコミニュケーションを取る場合に
1.日本語
2.ベトナム語
3.英語
の3つの方法があります。

ベトナム人で英語は話せる方もたくさんいますが、
日本人同様に母国語ではなく、
コミュニケーションの手段として英語を使っています。
両者とも母国語ではない言葉でコミュニケーションを取るので、
英語が上手い場合でも意思疎通に違いが発生してしまいます。

その為、契約書などの大事な文書や公的文書ほど
プロの翻訳家、翻訳会社へ依頼が必要になります。

ベトナム語を勉強中や
友人とLineでメッセージしている、
社内共有の為の資料など、
多少文書や文法にミスがあっても問題ない、
言葉で説明すれば解説することができる、
の時は日本語をできるベトナム人や英語からの翻訳などで大丈夫です。
プロの翻訳家、翻訳会社へ依頼が不要になります。

適切な翻訳者

翻訳業界では当たり前ですが、
翻訳は翻訳後の言語がネイティブの方が翻訳をするのは当たり前です。
ベトナム語から日本語への翻訳ならベトナム語がわかる日本語ネイティブ。
日本語からベトナム語への翻訳なら日本語がわかるベトナム語ネイティブ。

どんなに他言語が得意な方でも、
ネイティブと同様に文章を書くのが難しいです。
日本語のケースですと
句読点の数や漢字とひらがなの比率など
非ネイティブにはうまく表現できません。

翻訳はプロへの依頼は必須です。
プロのライターと素人ブロガーの書いた記事の質は圧倒的に違います。
翻訳のケースだと
プロだと「あれ」「これ」や接続しなどの前の文章とのつなぎも適切で、
文章が自然で読みやすくなります。
一方素人の翻訳だと文章が細切れになることが多いです。

もう一つプロに頼む理由は
法律、著作権、公的文書、契約書などで繰り返し翻訳している場合は、
単語の使い方、文章の書き方を熟練しています
ここは素人が調べながらやっても、正しく相手に伝わる等に翻訳するのが難しいです。

料金

翻訳の料金設定は
文字数×文字単価

言語によって文字単価は変動しますが、
算出の仕方は同じです。

翻訳が継続的にある場合やボリュームが多い場合は
プロジェクトベースや時間単位で
フリーランスや翻訳会社と契約することもできます。

グーグル翻訳との比較

AIの発達によってGoogle翻訳はものすごいスピードで精度が上がっています。
特に日本語から英語や韓国語への翻訳は
翻訳語の文章も違和感がないぐらいです。

しかし、翻訳の質は言語によって大きな差があるの現状です。
日本語からベトナム語、ベトナム語から日本語の翻訳の精度はいまだに低く
読解するのが難しいです。

もう一つGoogle翻訳の懸念は
言葉以上の翻訳はできない。
日本語では同じ発音や漢字でも複数の意味を持つ言葉がたくさんあります。
前後の文脈から最適な単語を見つけるのは
Google翻訳ではまだ難しいです。

ベトナム語を勉強中や
友人とLineでメッセージしている、
社内の会議で社内共有の為の資料は
Google翻訳で十分ですが、
法律、著作権、公的文書、契約書の翻訳には適していないです。

ベトナム語オススメ翻訳会社

Top Admit
10年以上の実績があり、
エッセイ、志望動機など幅広いジャンルで
翻訳を行なっています。
アジアの言語の翻訳を強みとしており、
ベトナム語も対応しています。今なら20%オフになるプロモーションもあります。→こちら

 
 
 
 

株式会社イーシープロ

翻訳、通訳の業務を行なっています。
国際会議などでの実績も抜群です。
こちら

 
 
 

b-case inc

対応言語と登録翻訳家の数が日本最大です。
翻訳以外に人材紹介や他のビジネスをしており、
他のサービスと一貫して依頼できます。
こちら

 

 

翻訳の比較サイトがあり、
言語や使用用途に合わせながら比較して、
翻訳会社を見つける事ができます。
日本には翻訳会社はたくさんありますが、
ベトナム語対応している企業はそれほど多くないです。

個人事業主やフリーランスの翻訳家に依頼も可能です。
彼らに気軽に仕事が頼めるマッチングサービスの
CrowdWorksランサーズ
登録して、
フリーランスを探してください。
上記のサイトを使う
メリットは
-早く依頼でき、明日からでも開始できる
-安く依頼でき、交渉もしやすい

デメリットは
-翻訳家の能力や実績がわかりにくい
-翻訳のダブルチェックがされない可能性がある

まとめ

①翻訳会社やプロに翻訳を依頼するか決める
必要→契約書、公的文書、エッセイなどミスができない文書
不要→社内資料、Lineなどミスをしてもそれほど問題ない文章

②翻訳会社又はクラウドワークスで見つける
翻訳会社→TopAdmitはアイビーリーグレベルのエッセイ編集サービス
翻訳会社TopAdmit、今なら20%割引あり

クラウドワークス→CrowdWorksランサーズ

あわせて読みたい
ベトナム・ハノイは英語が通じる?旅行者の不安を解消!日本からベトナムのハノイやホーチミンへの観光客が増えています。 旅行者の心配事の一つとして、英語が通じるかどうかが重要になってきます。...
関連記事