ベトナム料理

絶対に食べたいベトナム料理の有名5選! レシピも紹介

「やさしい味付け」「野菜たっぷりでヘルシー」と老若男女に人気のベトナム料理です。

本記事ではベトナム料理の特徴と代表的な料理を5つ紹介します。

ベトナム料理の特徴

ベトナム料理は地理的や歴史的背景から
中国とフランスをミックスした独自の食文化です。
コーヒーやフランスパンはフランスの食文化の影響も受け、
米料理やベトナムで代表的な調味料のヌクマムは中国の影響を受けています。

ベトナム料理は脂っぽさはなく、さっぱりしていて、マイルドな味です。
刺激的な辛さや独特のクセが少なく、野菜を多く使うためとてもヘルシーで
日本人の味覚との相性が抜群です。

ベトナムの主食はお米です。
お米の種類は日本と違い、長粒米と呼ばれる細長いお米が主流です。
お米は炊くだけでなく、麺類やライスペーパーの原料としても使われます。

調味料ではヌクマムという小魚を塩漬けにして発酵させた魚醤が有名です。
また、ミントやコリアンダーなどの香草が多用されることもベトナム料理の特徴です。

地域の特徴

南北に長いベトナムでは、
地域によって気候や環境や文化が異なり、
それぞれの地域で食文化が発達しました。

ハノイなどの北部は恵まれた土壌から稲作が盛んで、米文化の本場です。
塩や醤油を使った料理が多く、塩辛い味付けが特徴です。
また中国と陸続きでもあるため、
「揚げる」「炒める」といった手法が多く、麺類も豊富です。

ダナンなどの中部は南シナ海に面しており海の幸に恵まれています。
隣国のラオスが近く、唐辛子の辛い味付けが特徴です。
唐辛子などを使った辛い味付けの米粉を水で溶いて蒸した伝統的な料理もあります。

ホーチミンなどの南部では常夏で蒸し暑い気候です。
砂糖を多用し、ココナッツミルクなどもよく使うことから全体的に甘い味付けです、
生野菜や香草が食材として使われています。

バインミー

バインミーとは
柔らかめのフランスパンに具を挟んだサンドイッチのことです。

ベトナムでは一般的に長さ20センチメートルのフランスパンにレバーペーストを塗って、バターやチャーシューやパテ、ダイコンやニンジン(甘酢漬けのなます)、レタス、きゅうりなどの野菜、そしてパクチー、ミントハーブ類、肉などなんかを挟んで食べます。
正式に具材は決まっておらず、店によって多種多様です。

携帯性の良さから屋台だけでなくバスターミナルなどでは駅弁がわりに売られている庶民のファーストフードです。

あわせて読みたい
ベトナムの名物サンドイッチの「バインミー」を紹介日本で有名なベトナム料理といえば生春巻きやフォーですが、 ベトナムのサンドイッチの「バインミー」も大変人気です。 本記事ではベト...

フォー

フォーとは
ベトナム北部のハノイが発祥で
形は日本のきしめんに似ている米粉で作られた平らなライスヌードルです。
水に漬けた米を挽いてペースト状にしたものを熱した金属板などの上に薄く流し、
多少固まったものを裁断して麺の形状しています。

味付けは鶏や牛から出汁をとった透明なあっさりしたスープに米麺を入れ
、茹でた鶏肉や牛の薄切り肉、つみれ、たけのこ、様々なハーブ類や生野菜などが具材として載せます。

ベトナムでは高級レストランから街角の屋台までフォーを提供しています。

参考:ベトナム麺をオススメ4選!フォー以外にも絶品があり

あわせて読みたい
ベトナム料理の名物、フォーの特徴を徹底解説ベトナムの国民料理といえば 「フォー」「バインミー」「生春巻き」が有名です。 本記事ではフォーの基礎知識から美味しい食べ方まで解...

春巻き

ベトナムは生春巻きが有名ですが、
「生春巻き」や「揚げ春巻き」や「蒸し春巻き」など種類が豊富です。

日本で春巻きというと小麦粉を使った皮を使うことが多いですが、
ベトナムでは「ライスペーパー」や「からし菜」など様々なタイプの皮を用います。
また、北部の春巻きは南部や中部のよりも大きいのが特徴です。

あわせて読みたい
ベトナムの春巻きは種類が豊富!!生春巻き・揚げ春巻き・蒸し春巻き等ベトナム料理はフォー、バインミー、春巻きとヘルシーな料理が有名です。 春巻きには「生春巻き」「揚げ春巻き」「蒸し春巻き」など種類があり...

バインセオ

バインセオは
ベトナムの庶民の料理で「ベトナム風お好み焼き」とも言われています。

米粉とココナッツミルクをベースとした生地をターメリックで黄色く着色し、
豚肉、もやし、エビ、鶏肉、キノコ、玉ねぎなどの具がたっぷり入ってます。
生地で具を包み、周りは薄くぱりぱりに焼かれます。

チェー

チェーとは
ベトナムに古くから伝わる伝統的なスイーツです。
フルーツや寒天、甘く煮た豆や芋などの様々な具材に砂糖を加えて砂糖やココナッツミルクをかけて食べます。

同じチェーという名前でも地域によって見た目も味も違います。
ベトナム北部のハノイなどは暖かいチェー、南部のホーチミンでは冷たいチェーが定番です。

あわせて読みたい
ベトナムの国民的デザート「チェー」を紹介ベトナムはおいしい屋台フードがたくさんあって食べ歩きが楽しい国として人気があり、 多くの日本人が訪れています。 ベトナム料理では...
関連記事