暮らす

ベトナムのビザをオンライン申請で取得する方法

観光客の増加やビジネスチャンスの拡大で
日本からのベトナムを訪れる方が増えています。

同時にビザでのトラブルも増加していますので、
事前にしっかりとルールの確認と申請が大事です。

ベトナムに15日以上滞在する場合にはビザが必要です。
「出国から次の入国まで30日以上経過していないと次のビザ免除が受けられない」ので、
30日以内でベトナムに再入国する場合もビザが必要です。

ビザにも観光ビザや就労ビザなどあり、
種類や日数がたくさん全部で20種類あります。
取得方法も
出発前に大使館に行って事前取得する方法
ベトナムに到着して空港で取得する方法
事前にオンライン申請して取得する方法があります。

本記事ではオンライン申請(E-VISA)について紹介します。

E-VISAで申請できるのは観光ビザのみです。

事前準備

-パスポート
-クレジットカード
-証明写真

クレジットカードはビザ代の支払いのために必要です。
金額はビザの種類や期間によって異なります。
証明写真はアップロードするため、データとして必要です。

入国日やホテルの住所などの入力も必要ですので、
飛行機の手配後にビザの申請をオススメします。
ホテルについては、未定の場合は旅行サイトなどでホテルの名前と住所を調べて、
仮でそのホテルを入力するといいでしょう。

手順

オンラインの申請の手順を説明します。

下記、URLにアクセスします。
https://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/

「1、E-Visa issuance」を選択します。

左上の「For foreigners」の写真の選択します

個人情報を入力します。

入力し終わると、
クレジットカード支払いのページになります。
クレジットカードの情報を入力し、
手続き完了です。

申請後

ビザは約3日-6日で発行されます。
申請時と同じサイトでログイン後、確認と印刷をします。
大使館で申請した時のようなステッカーはありません。

ベトナムに行くときに持参してください。
ベトナムの空港に到着後、
イミグレーションで資料とパスポートを一緒に提出すれば通過できます。
この資料がビザになりますので、処分せずにお持ちください。
ベトナムか離れる際に再度提示が必要です。

オンライン申請は2017年から始まった新しい制度のため、
変更する可能性がありますので、
申請前に公式ページにてご確認お願いします。

あわせて読みたい
ベトナムのビザの種類、申請、取得方法のまとめベトナム入国では入国目的、滞在日数に応じて ビザが必要不必要が分かれます。 今回はビザの種類、申請、取得方法のまとめています。 ...