基礎情報

ベトナムの世界遺産の全8つの特徴とまとめ

世界遺産を訪れるのは旅行の楽しみの一つです。
ベトナムはハロン湾が有名ですが、
ベトナム北部・中部・南部にも点在しています。

計8つの世界遺産がありますので、
それぞれの特徴を本記事で紹介します。

世界遺産とは
1972年にユネスコ総会で採択された
世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に
基づいて世界遺産リストに登録されました。
文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことです。
その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産に分別できます。

ハロン湾

1994年にユネスコ認定されたベトナムでもっとも有名な世界遺産です。
「海の桂林」と呼ばれ、
エメラルドグリーンの海の中から
大小約3,000以上の奇岩群がそびえ立ち、
太陽の光、雨や霧によって神秘的な景観を作り出します。

7000年以上前は人類が住んでいた形跡もあったり、
海賊の隠れ家として利用された歴史もあります。

Hạ Longとは「龍が降りる」をベトナム語で意味します。
「襲撃してくる海賊を退治するために天から龍が降りてきた説」や
「龍の親子が侵略しようとする外敵から守るために口から出した宝石が海に刺さり、
奇岩群が出来上がった説」などがあります。

ハノイより約160キロのトンキン湾北西部にあり
ハノイから車で4時間のため、日帰りで訪れることもできます。
船上での宿泊ツアーなどユニークなツアーもあります。

 

View this post on Instagram

 

Halong Bay Toursさん(@halongbaytour)がシェアした投稿

ハノイのタンロン皇城の中心区域

2010年に認定された文化遺産「ハノイのタンロン皇城の中心区域」です。

11世紀から19世紀までベトナムの歴代王朝の首都として栄え、
遺跡には20ほどの宮殿などの建築物があります。
タンロンとは「昇龍」をベトナム語で意味し、これはハノイの都市の旧名です。

ハノイで2003年に発掘されまだ調査中で不明なことも多い遺跡で、
現在も発掘調査が行われています。

ハノイ市街地の中心部にあり、
旧市街にありアクセスしやすく観光客もたくさんいます。

陸のハロン湾「チャンアンの景観複合体 」

2014年に認定された複合遺産の「チャンアンの景観複合体」

陸のハロン湾とも言われ、
石灰岩が作り出す特徴的なカルスト地形や景観と、
約3万年前の人類の生活跡が発見された洞窟、
仙人が住んでいそうな古いお寺が融合しており、
複合遺産として認められました。

ハノイから車で約2時間のニンビン省で
ハノイ発の日帰りツアーも開催されています。

 

View this post on Instagram

 

Alixさん(@alixlinaker)がシェアした投稿

「胡朝の城塞」

2011年に認定された「胡朝の城塞」

西暦1400年から7年続いた胡朝は明の侵攻を受け、
わずか7年で滅びたベトナムを支配した短命王朝の城跡です。
昔の面影はなく
東西南北に存在した4つの門のうち、現在は東西南北の門が残されているだけ。
南門にある日本のODA事業によって建設された資料館です。

ハノイから南へ140キロに位置するベトナム北部のタインホア省にあり
ハノイから車で2時間半から3時間程度ですが、
ツアーなども催行されておらず、アクセスはローカルバスのみ。

 

View this post on Instagram

 

Đưc Phong Nguyễnさん(@ducphongnguyen)がシェアした投稿

フエの建造物群

1993年に認定された「フエの建造物群」。
建造物だけでなく、
無形文化遺産として「フエの雅楽」も登録されています。

1945年まで続いたベトナム最後の王朝であるグエン朝の首都であり、
たくさんの寺院が今に残っているおり、
ベトナムの京都と呼ばれています。

ベトナム、中国、フランス文化が融合しており、
ベトナム最後の王朝が存在した場所です。

 

View this post on Instagram

 

Vietnam Tourismさん(@vietnamtourismboard)がシェアした投稿

ホイアンの古い町並み

1990年に認定された「ホイアンの街並み」

16世紀〜19世紀には国際貿易港として栄え、
400軒以上の古い木造建築が建ち並び、
昔のままの街並みが残っています。

旧市街全体が世界遺産となっています。

中心街にある「日本橋」は
16世紀にポルトガル人、オランダ人、ベトナム人、中国人、日本人が作ったとされています。

現在では”ランタンの街”として、街全体が優しい光に包まれます

 

View this post on Instagram

 

Guardian Travelさん(@guardiantravelsnaps)がシェアした投稿

フォンニャ=ケバン国立公園

2003年に認定された「フォンニャ=ケバン国立公園」

4億年以上前にできたきっという世界最大かつ東洋で最も美しいと言われる洞窟です。
豊富な水が石灰岩を浸食して出来た造形は美しく、
幻想的な世界を見せています。
フォンニャとは「歯の洞窟」という意味です。

アクセスはフエからのツアー利用が一般的です。
フエからは車で4時間弱、最寄りの都市ドンホイからは車で1時間ほどです。

 

View this post on Instagram

 

Thắng TÍtさん(@thanggtitt)がシェアした投稿

ミーソン聖域

1999年に認定された「ミーソン聖域」

チャンパ王朝時代の宗教(ヒンズー教シヴァ派)の聖域でした。
2世紀から19世紀まで千数百年の歴史を誇ります。

ダナン市やホイアン市から1時間ほどでアクセスでき、
ホイアンからのツアー利用が一般的
現在は日本のトヨタ財団などが保護助成を行っています。

 

View this post on Instagram

 

Dan Holzさん(@dan.holz.photo)がシェアした投稿

関連記事